事故車・故障車の買い取り

  • 事故車・故障車の買い取り

 修理が必要な車、動かなくなってしまった車は果たして売却できるのでしょうか。告知義務や修復歴車・事故車の定義など、事故車を売却するときには知っておきたい知識も合わせて紹介します。

事故車の定義とは

 事故を起こした・起こされた車を一般的には「事故車」や「故障車」といいますが、自動車販売店の査定士は「修復歴車」という言葉を使い、若干意味合いが異なります。修復歴車は、中古自動車査定基準で「交通事故やそのほかの災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」と規定されており、事故を起こしている車であっても修復歴車に該当しない場合があります。ボディの外側の部分を修理・交換などをしても修復歴車には該当しません。該当するのは、

フレーム (サイドメンバー)
フロントクロスメンバー
フロントインサイドパネル
ピラー
ダッシュパネル
ルーフパネル
ルームフロアパネル
トランクフロアパネル
※ラジエータコアサポート

 以上の骨格・フレーム部に損傷・修理の跡があるものが修復歴車となります。ラジエータコアサポートの場合は、交換されていて、フレーム部に凹みや曲がりがあると修復歴とみなされます。この中ではフロント部の故障が一番多いようです。また、もらい事故による後部や側面への追突による故障も多いようです。

事故車は買い取りできるのか

 ここまで事故車(修復歴車)の定義をみてきました。では、事故車は売却することはできるのでしょうか。結論から言ってしまえば、買い取り業者の多くは事故車でも、状態が判断できない車でも買い取ります。これは鉄や非鉄金属の需要増加により、廃車処分となる車の買い取り競争が廃車業者の間で高まっていることが1つの要因となっています。そのため、廃車手続きするのが面倒な動かなくなった車の場合であっても、査定を依頼してみると相場数万円の査定額となり、意外と売れてしまいます。まずは一度買い取り査定を利用して、アドバイスを受けると損のない選択ができるでしょう。

事故車には「告知義務」があることに注意

 事故車買い取りの注意点として、事故車を売却する場合は告知義務があることには注意しなければなりません。修復歴のあり・なしは中古車の価値を左右する最大の要素です。売却時に交わす契約書「買い取り査定規約」には修復歴の有無を記載する箇所がありますが、修復歴があると査定額は下がってしまうことから、売却時に事故歴・修復歴を伝えなかったり、隠す人がいます。

 しかし、修復歴を隠しても査定士は簡単に見抜いてしまいます。また、事故歴があるのに申告する義務を果たさなかった場合は、「事後減額要求」といって査定額が減ってしまいます。ウソをつくのはその後の取引に不利になります。正直に申告するのがよいでしょう。ただし、自分の車が事故車に該当するのか判断できない場合は、事故歴を申告しないようにしてください。その時は、買い取り査定規約の事故歴の欄は「問わず」を選択するとよいでしょう。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。