中古車査定の方法とチェックされる項目

  • 中古車査定の方法とチェックされる項目

 中古車の商品価値を決定する査定。自動車の査定はどんな方法や項目をチェックして行われているのでしょうか。車を売る人が知りたい査定の内容について解説します。

中古車査定の方法

 中古車は車種や年式、走行距離だけでは価値を判断することはできません。外装や内装、エンジンなど、車の状態を細かくチェックして値段を決める必要があります。これを「査定」といいます。査定は正式には「査定する中古車と車両の標準状態とを比較し、その中古車の商品価値を判定すること」になります。財団法人の日本自動車査定協会(JAAI)によれば、標準状態は次の6つと設定しています

(1)外装と内装が無傷であること
(2)エンジンと足回りが走行に支障がなく良好であること
(3)車検の残り月数が3カ月以内であること
(4)走行キロ数が標準であること
(5)タイヤの残り溝が1.6mm以上であること
(6)事故修復歴や改造工作がないこと、腐食や臭いなどの損傷原価要因がないこと

 査定価格の算出は「査定基準価格→基本価格→査定価格」という順番で決定されます。査定基準価格とはJAAIが毎月に設定する、標準的な整備を完了した小売価格です。査定基準価格をベースに買い取り業者社が基本価格を決定します。そして基本価格に加点・減点項目を加減すると最終的な査定価格が決定します。

中古車査定で査定人がチェックするポイントとは

 中古車を1台1台実際に確認しながら査定することを「個別査定」といいますが、査定をする人は、どんな箇所を、どのような視点でチェックしているのでしょうか。

 最初にチェックする中古車査定のポイントは、車種、グレード、年式、ボディカラーです。買い取り額のベースを決める基準となり、車を買った時点から変更することはできません。次にチェックするのは走行距離や修復歴、エンジン周りなど車の状態や使われ方です。この点も買い取り査定に大きく影響します。他には内装・外装のキズや汚れ、整備履歴、装備なども見ます。さらに、こうしたポイント以外にも車のあらゆる部分を確認します。一覧でまとめてみました。

査定人のチェックリスト

外装

・ボディの汚れ、キズ、ヘコミなど
・ボディカラーの汚れ、キズ、ヘコミ
・エアロパーツは純正のものか
・ナンバープレートの変形
・前後左右のガラスのヒビ
・車両の傾き
・サンルーフやムーンルーフの動作確認
・ヘッドライトやテールランプの球切れ
・ドア、ウインドウの動作確認


内装

・シートやマットの汚れ
・オーディオやスピーカーの動作確認
・カーナビゲーションシステム(カーナビ)などオプション装備
・メーター類の確認
・エアバッグ(サイドエアバッグやカーテンエアバッグなど特殊なエアバッグの有無)
・トランクスペースの状態(スペアタイヤの有無、修復歴)


足回り・下回り

・タイヤのサイズと残り溝の確認
・タイヤハウスの状態(汚れるので注意)
・車高
・マフラーの腐食
・オイル漏れ


エンジンルーム

・バッテリーの状態
・冷却水の量と汚れ
・エンジンオイルの量と汚れ
・修復歴
・改造パーツの有無
・車体番号
・エンジンをかけた時の異音


その他

・車検証(車体番号、型式、年式)
・メーカー
・車種
・年式
・走行距離
・取り扱い説明書、保証書、整備手帳
・車検の残り期間


 これらを中古車査定のポイントとして、査定をする人はチェックシートに車の状態を記載し、それを土台に中古車の商品価値を決定しています。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。