夏本番! エステデビューは「脱毛」から

 肌の露出度がぐっと上がる夏…だからこそ、腕や足、ワキの脱毛と日々格闘する女性も多いのでは? エステサロンなどでの脱毛箇所で、もっとも人気が高いのは「ワキ」。セルフケアで毎日わずらわしさを感じることもあるはず。しかし、現在はワキ脱毛の低価格化が加速し、若いうちから美意識を高く持つ女性も増えたことで、エステでの脱毛はぐっと低年齢化が進んでいる。そこで10代での脱毛の施術に注意するべき点など、エステサロン「ミス・パリ」で話を伺った。
>>体験者が満足度で選んだ『エステサロンベスト22』

脱毛したい! エステサロンでは何歳から施術OKなの?

 ワキをはじめ、エステサロンでの脱毛施術方法の主流は、美容ライト脱毛や光脱毛。黒や茶色など、色の濃いものに反応するレーザーを照射する脱毛の施術が台頭している。医療機関で行う脱毛よりも威力は弱いが、施術後の肌トリートメントなどもあり、価格もずいぶんと手ごろになってきた。特にワキなど肌の薄い部分は脱毛後の保湿がマストであり、これに伴い高校生や大学生ですでにエステデビューする女性も多い。

 最近では学生でもエステに通い、ワキや手足の脱毛を始める傾向があるという。エステティックサロン「ミス・パリ」に話を伺ったところ、「昨今では子どもの美的センスの変化により、10代後半(未成年)の方の脱毛希望が増えているようです」と、低年齢化に触れている。

 しかし、未成年が自宅やエステで脱毛を行うことに、リスクはないのだろうか? 若年層の「脱毛」と「肌への負担」について、成人との違いを尋ねると「若年層の脱毛に問題はありませんが、できれば思春期のホルモンバランスが落ち着いた時期に脱毛することをオススメします」と、早すぎる脱毛の施術には消極的だ。

自宅ケアとエステサロンは本当に違うの?


Point1 脱毛の予算は?

 女性が最初に脱毛を始める箇所として、最も多い部位が両ワキ。夏前の「ワキ脱毛」はかなり低価格化が進み、全国にサロンを展開するジェイエステティックは750円。CMにムック&ガチャピンを起用して話題をさらったエピレはWeb予約で600円と、1000円を切るプランもある。今や夏のワキのケアは、セルフのほうが必ずしもリーズナブルというわけではない。

Point2 脱毛のタイミング

 自宅でワキや手足を脱毛ケアができるグッズも多く販売されているが、ミス・パリは「肌への負担と効果のよい脱毛を行うには、施術者のアドバイスに従い毛周期に合せて行うのが効果的です」とアドバイスしている。

Point3 脱毛後のスキンケア

 さらに、自宅ケアとエステでの「脱毛」の違いについては、施術方法にとどまらず、脱毛後のスキンケアにも重点を置いておきたい。「脱毛後の肌への状態もミス・パリは資格を持ったスタッフが対応しますので、脱毛前よりもスベスベのきれいな肌に仕上がります」とミス・パリでは回答しており、脱毛後の保湿・トリートメントケアは必須といえる。
夏本番を目前に控え、今すぐワキや手足の脱毛を考えているなら、価格もランチ程度の出費で可能、かつスキンケアの観点からも、エステでの脱毛施術がベストといえそうだ。

(取材協力/エステティックサロン ミス・パリ)

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。