トレーラー横転で死亡事故に… 事例でわかる再発防止と回避策


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

トレーラーの前後を走る際には“車間距離”を十分にとっておきたい [拡大する]

トレーラーの前後を走る際には“車間距離”を十分にとっておきたい

 車で走行中、トラックやトレーラーの荷台がぐらついていたり、今にも荷物が落ちそうな様子を見かけたことはないだろうか。万が一、落下や横転した場合、どのような事態になってしまうのか。実際にコンテナを載せたトレーラーの横転によって起きた事故事例があるので紹介する。

<事故内容>
 荷台にコンテナを載せたトレーラーが目的地に向けて走行していたところ、国道が事故渋滞で「到着予定時刻に間に合わない」と考え、県道へ迂回した。信号機のあるT字路交差点を左折するため、時速20キロまで減速してハンドルを切ったが、コンテナ緊締装置2ヶ所を固定していなかったことで左右に揺れ、ブレーキをかけながらハンドルを操作したが立て直すことができず、右側に横転。信号待ちをしていた乗用車2台を押しつぶし、その後続のライトバンに接触して停止した。

 この事故により、先頭で信号待ちをしていた乗用車とライトバンの運転者が軽傷を負い、先頭から2台目の運転者が死亡した。

<事故原因>
 この事故が起きた原因としては、トレーラーの運転手が勝手に運行計画を変更したこと、十分な減速をせずに左折を開始したこと、コンテナの緊締装置をきちんと固定していなかったことなどが挙げられる。大きな荷物を載せて走行する際は、このような点に気をつけることが再発防止につながるだろう。

 では、事故に巻き込まれないためにはどのようにしたらいいのか? 例えば、前方に荷物を載せたトラックやトレーラーが見えたら、車間距離を十分にとること。今回の事例のように交差点で遭遇した場合は、可能な限りバックするなどの回避が必要になってくるだろう。

 だが、なかには避けるのが難しいときもある。身の危険を感じたら、車から離れて逃げるという手段を考えてもいいだろう。ただし、その際は、ほかの車の存在にも気をつけて行動するようにしたい。

参照:国土交通省 関東運輸局HP
文:ロックスター 西田

>> 【ランキング】事故時に役立つ「自動車保険」ドライバーの満足度を調査!

>> 死亡事故事例から学ぶ! 信号のない交差点で注意すべきポイントは?

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。