【自動車保険】“年齢条件”に関係なく保険を使えるレアケース

年齢条件に合わないドライバーが運転しても、例外的に保険を使えるケースがある [拡大する]

年齢条件に合わないドライバーが運転しても、例外的に保険を使えるケースがある

 自動車保険で年齢制限を設けていれば、それを厳守するのは当然のこと。ところが、年齢条件に合わないドライバーが運転した場合、例外的に保険を使えるケースがある。これは保険会社も認めている内容だ。

 自動車保険では、運転できる人の年齢を制限することで保険料を安くできる。リスクを限定することで保険料を抑える仕組みだ。具体的には「26歳以上補償」としていれば、26歳未満の人が運転して、万が一、事故が起きても保険を使うことはできない。「30歳以上補償」なら30歳未満の人が運転すれば、同様に保険を使えない。これは大前提であり、本テーマはいわゆる保険の抜け道を示唆するようなものでないことを、あらかじめお断りしておきたい。

 だが、「30歳以上補償」という年齢条件がついていても、18歳の人が運転し、かつ事故を起こしても保険を使えるケースがある。今回その事例を紹介するので、知っておいて損はないだろう。

■年齢条件に関係なく保険を使うには?

 年齢条件に関係なく車を運転し、補償も受けられるというのは、例えば次のようなケースだ。

<例>
我が家の保険は「30歳以上補償」としているが、一人暮らししている21歳の息子が運転をする
 
 年齢条件は「30歳以上補償」となっているにも関わらず、30歳未満の子供も運転できることになる。追加の保険料も不要で、保険会社への申告もいらない。これを知らなければ、「たまに子供が帰省した時に車を運転するから」という理由で、「21歳以上補償」にしてしまう可能性もある。もし似たような状態にあるなら、保険料を抑えられる可能性があるので、適用される条件を確認して欲しい。

■年齢制限より若い人が運転できる条件

 条件は大きくわけて2つある。ひとつ目が「家族限定」のついた保険契約であること。あくまで「家族限定」であり、「本人限定」や「配偶者限定」では補償されない。また「家族限定なし」という条件でも補償されなくなるので注意したい。ふたつ目の条件が「子どもが別居しており、かつ未婚」であること。同居していたり、結婚していたりする場合は補償されない。

 最近では「同居の子以外補償」といった新たな運転者限定も出てきている。別居の子供がいるなら、実際に現在の契約で補償されるか、また条件は合致しているか、契約中の保険会社で確認しておこう。

(文/西村有樹)
フリーライター。保険や資産運用などマネー系に強く、「All About」で自動車保険ガイド記事のほか、銀行や保険会社、証券会社などの刊行物、国交省、財務省等官公庁の媒体など幅広く執筆。ほかにも雑誌「プレジデント」「ベストカー」などでも多数の記事を担当する。

>>任意保険選ぶ前に確認 満足度が高い自動車保険ランキング

>>誕生日は自動車保険の見直しタイミング!? 保険料を安くする「年齢条件」とは

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。