「自動車保険料」を安くするために! 確認しておきたい“年齢条件”の仕組み


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

自動車保険料に影響する「年齢条件」とは? 注意点もあわせて確認しておこう [拡大する]

自動車保険料に影響する「年齢条件」とは? 注意点もあわせて確認しておこう

 任意の自動車保険では、運転する人の年齢が保険料に大きく影響する。安く抑えるには「年齢条件」を自分で設定する必要があるが、そのためにはきちんと仕組みを知っておくことが大切だ。今回詳しく解説していこう。

■年齢条件とは?

 自動車保険の年齢条件は、基本的に【全年齢補償/21歳以上補償/26歳以上補償/30歳以上補償/35歳以上補償】のように区切られる。保険会社によっては【全年齢補償/21歳以上補償/26歳以上補償】の3つしかないところもある。

 全年齢補償にした場合は、18歳以上のすべての人が運転した際に保険を使えるが、30歳以上補償などの場合は該当する年齢でなければ保険は使えない。

 保険料は、全年齢補償が最も高く、年齢が上がるほど安くなっていく。上述の例でいうと、35歳以上補償が最も安いということだ。

■年齢条件はどう決める?

 年齢条件は、運転する人のなかで最も若い人を基準に設定すれば良い。全員35歳以上なら「35歳以上補償」といった具合だ。26歳以上までしか区分のない保険会社であれば、運転する人が35歳以上であっても「26歳以上補償」を選択する。

■「家族限定」もする場合は注意

 自動車保険では、運転者を家族に限定して保険料をおさえることも可能。この場合、一人暮らしの学生など「別居の未婚の子」がたまに運転するために補償対象とし、さらに年齢条件の基準も子どもに合わせている場合があるが、これは誤りだ。

 実は別居の未婚の子は、年齢条件には関係なく補償されることになっている。例えば30歳以上補償にしていて別居の未婚の子が20歳であっても、問題なく運転でき、補償されるのだ。保険料は年齢が上がるほど安くなるので、もし若く設定している可能性があるなら、ぜひ確認をおすすめしたい。

(文/西村有樹)

>>30代〜50代以上の満足度が高い自動車保険は? ランキングをチェック

>>自動車保険料に影響する「等級」 保険会社を変えたらどうなる?

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。