引越し料金を安くする方法は? ファミリー世帯は要チェック!

今回はファミリー向けの“引越しプラン”の特徴について紹介していく [拡大する]

今回はファミリー向けの“引越しプラン”の特徴について紹介していく

 2人以上やファミリーの引越しとなると、荷物が多くなり、プランによっては料金が高くなりがち。できるだけ引越し費用をおさえたいのであれば、荷造りや荷解きの作業を業者に頼むかどうかがポイントになってくる。前回は、「単身者向け引越しプランの選び方」について紹介したが(※関連記事参照)、今回はファミリー向けのプランの特徴を紹介していこう。

■荷造り荷解きプランのメリット・デメリット
 2人以上での引越しは、大きな家具や家電の梱包、荷物の搬出搬入および設置までが作業内容に含まれるのが最も基本的なプラン。この場合、日用品などの荷造りと荷解きは自分たちで行うことで、引越し料金を安くおさえることができる。

 一方、荷造りをする時間がとれない場合は、業者に依頼することもできる。プロが梱包するため、壊れ物の扱いも丁寧で安心だ。

 さらに、荷解きおよび収納までを業者にお願いできるプランもある。ただし、新居での新たな家具や収納スペースに運んでもらう際、自分の使いやすいように収納してもらえるかどうかは難しい。最終的には自分で手直しする必要があり、かえって面倒になるケースもあるだろう。

 ちなみに、荷造りや荷解きを依頼すると、2LDKほどの部屋の梱包では、作業時間は2〜3時間、作業員2人で行った場合は2〜4万円程度となる。開梱まで依頼すると、その倍の料金がかかることは覚えておいた方がいいだろう。

 家族での引越しは費用がかさむ分、工夫次第で料金をおさえることもできる。だが、小さな子どもがいたり、妊娠中や高齢者がいる場合は、プランやサービスを上手く利用して、無理のない引越しをするといいだろう。

文/河野真希
暮らしをテーマとしたフリーライター。ウェブや雑誌など各種メディアで、部屋探しや引越し、料理や家事、インテリアなど、気持ちのいい暮らしを目指すライフスタイルの提案をしている。

>> さっそく確認したい “作業内容の満足度”で選ばれた「引越し会社」ベスト10

>> <関連記事>意外と知らない! 2種類の単身引越しプランの選び方

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。