大損したくない…投資初心者が心得ておくべき「6つのリスク」

思いもよらない損失を受けることも! 投資に潜むリスクとは? [拡大する]

思いもよらない損失を受けることも! 投資に潜むリスクとは?

 「投資」と切り離せないのが「リスク」。貯蓄を銀行預金で眠らせたままより、少しでも資産を増やそうと投資を始めたいが、企業の不祥事や倒産、国内外の経済状況が引き金となり株価が大暴落するなど、思いもよらない事態に陥り、大損してしまうことは絶対に避けたいところ。投資初心者にとって、まずはきちんと理解しておかなければいけない重要事項の1つがリスクといえる。そこで今回は、投資を始める前に心得ておくべき、代表的な6つのリスクを確認していこう。

【価格変動リスク】

 投資商品の価格が変動するリスクのこと。価格の値動きは国内外の市場動向や、企業の業績などの影響を受ける。株式の場合は時価で取引されているため、常に価格が変動している。また投資信託や債券の場合も「元本割れ」には細心の注意が必要だ。

【信用リスク】

 株式や債券を発行する国や企業などから、利子や償還金を確実に受け取ることができる信用度に対するリスクのこと。株式の場合は入念にチェックする場合が多いかと思うが、償還期間や利子、分配金などがあらかじめ決まっている外債や社債などの債券の場合も、発行体が破たんすれば約束が守られないこともあるので要注意。また、破たんしなくても、財務状態が悪化することでリスクが高まり、価格が下落するケースも考えられる。

【流動性リスク】

 金融商品を現金に換金するまでに、時間やコストがかかってしまうリスクのこと。取引があまり行われていない銘柄や社債などは、購入・売却できる銘柄が少ないため、売買したいときにすぐに購入・売却できない可能性がある。また売却の際、希望価格で売れない場合も!

【為替変動リスク】

 為替相場の変動により損失が発生する可能性のこと。外貨建て株式や外貨建て債券などは、為替変動が起こり、購入時より円高になった場合、利息や償還金の手取り額が減ってしまい思わぬ為替差損が生じることがある。

【金利変動リスク】

 金利の変動が金融商品の価格に影響を与えるリスクのこと。特に債券は大きな影響を受けると言われている。債券の価格は金利が上昇すると下落し、金利が下がると上昇する傾向がある。

【カントリーリスク】

 投資対象となる国や地域の信用度のこと。リスク要因として戦争や内乱、自然災害、政治不安、経済悪化などが挙げられる。国が元利金を保証している国債であっても、国家経済の破綻により債務不履行になる危険性も潜んでいる。

 リスクは単独で存在するわけではなく、ひとつのリスクが高まることで連鎖的に次のリスクを誘発し、それがまた次のリスクを招くといった“負のスパイラル”に陥ることもある。投資の際は、証券会社が提供する最新の市場動向レポートの活用や格付け会社による格付け表チェック、目論見書の内容をよく理解するなど、日ごろからの情報収集が大切だ。

>>初心者から支持されているネット証券をチェック
『顧客満足度の高いネット証券ランキング』


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。