事故発生時の初期対応

 交通事故は、いつ自分の身に降りかかるかわからないもの。いざ事故に遭ったら気が動転してしまいますが、警察への連絡や示談交渉、保険金の支払いなど、事故発生時には自分でやらなければならないことがたくさんあります。そんなとき頼りになるのが、自動車保険会社。万が一に備えて加入する自動車保険ですが、実際に事故が起きてしまった場合にも、強い味方になってくれるのです。

自動車保険契約者の事故後の初期対応の流れ

 では、例として、車線変更をしようとして相手の車と接触事故を起こしてしまったシーンを想定し、事故後の初期対応の流れを見ていきましょう。まずは自動車保険の契約者が現場ですべきこと(=事故受付)です。

【自動車保険の契約者が現場ですべき事故後の初期対応の流れ】

1. 同乗者や相手方にケガがないか確認

必要であれば、すぐに救急車を呼びます。

2. 車を路肩など安全な場所に移動

他の車の通行の妨げにならないよう、また、二次的な事故を防ぐ意味でも、車を路肩などに移動して道路の安全を確保しましょう。

3. 警察へ連絡

軽微な事故でも、警察への届出が義務付けられています。例に挙げた程度の事故の場合は、通常、相手方と一緒に現場近くの交番へ行くことになります。

4. 相手方と情報を交換

氏名や連絡先、自動車保険会社などの情報を交換します。

5. 自動車保険会社の事故受付専用コールセンターへ連絡

代理店型の自動車保険に加入しているのであれば、馴染みの担当者に連絡しても構いません。

※事故後すぐに自動車保険会社へ連絡しても、上記手順を教えてくれます。

 ちなみに、車が自走できないような重篤な事故の際は、その時点でレッカー移動の手配が必要となります。すぐに自動車保険会社へ連絡しましょう。また、「3.警察へ連絡」の際は、110番をして現場に来てもらう形になります。

自動車保険会社の事故後の初期対応の流れ

 自動車保険会社の事故受付専用コールセンターでは、たいてい365日24時間、専門のオペレーターが受け付けています。分からないことは丁寧に教えてくれ、初期対応も迅速に行なってくれるので安心です。では、自動車保険会社の事故後の初期対応の流れを見てみましょう。

【自動車保険会社の事故後の初期対応の流れ】

1. 専任の担当者を選定

事故の事情を説明すると、専任の担当者がすぐに決まります。

2. 専任の担当者による関係先への連絡

具体的には、相手方への連絡、相手方の自動車保険会社への連絡、ケガがあった際は病院への連絡(ケガの状況確認)、修理工場への連絡、代車の手配などです。


 このように、事故が起きてしまった場合、契約者は事故受付さえきちんとすれば、あとは自動車保険会社の担当者がすべて対応してくれるというわけです。そして、その結果は契約者に随時報告され、相手方との示談交渉や請求手続きの案内、保険金の支払いなどへ進んでいくことになります。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について