【用語】 用途車種

 「自家用普通乗用車」といったように、自動車の用途と車種を分類したものを用途車種という。用途は「自家用」か「営業用」に分けられ、車種は自動車の大きさや構造によって分けられる。例えば自家用であれば、「自家用普通乗用車」、「自家用小型乗用車」、「自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)」、「自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)」、「自家用小型貨物車」、「特種用途自動車(キャンピング車)」など。これらは原則、ナンバープレートの色や分類番号に基づき決められる。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について