借りた車に使える! 車を持っていない人のための自動車保険

レンタカーを借りて出かけたり、友人とのドライブで運転を代わるとき、ドライバー保険に加入していると安心! [拡大する]

レンタカーを借りて出かけたり、友人とのドライブで運転を代わるとき、ドライバー保険に加入していると安心!

 免許は持っているが、車は所持していない。そんな人も、レンタカーを借りて出かけたり、友人とのドライブで運転を代わるなど、車を運転する機会はいろいろ考えられる。そんなときに加入していると安心できる自動車保険が、「ドライバー保険」だ。

 通常、自動車保険は“車”に対してかけられる。一方ドライバー保険は、“人”に対してかけられる保険。借用自動車を運転して事故に遭った際に適用され、対人賠償・対物賠償・搭乗者傷害が主な補償内容だ。ちなみに“借用自動車”とは、レンタカーや他人の車を指すため、同居の親族が所有する車を運転して起きた事故には適用されない。そのほか、業務中の事故も対象外で、運転者年齢条件の設定は「21歳未満不担保」か「21歳以上」のみとなっている。

 ドライバー保険のメリットは、借りた車の自動車保険が使えない場合に使用できるところだろう。例えば、友人の車を運転して事故を起こしたが、その車には「運転者家族限定特約」がついていたため、保険が適用されないといったケースにも使うことができる。また、保険を使えたとしても、保険料に影響する等級がダウンするため、貸してくれた相手の自動車保険は使いたくないという人にとっても役立つといえる。

 基本的に、ドライバー保険は通常の自動車保険と切り離して考えられるため、ドライバー保険の等級が上がったからといって、その後、車を所有し、自動車保険に加入する際にその等級を反映させることはできない。ただし、ドライバー保険が9等級以上の場合は、新規に自動車保険に加入する際スタートの等級が6等級ではなく、7等級となる保険会社もある。将来、車を持つ予定のある人は、こうしたことも知っておくといいだろう。


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。