同じ自動車事故でも「補償金額」に大きな差!? 搭乗者傷害と人身傷害の違いとは?

補償対象の同じ「搭乗者傷害」と「人身傷害」。大きく異なるのは、“保険金の計算方法”! [拡大する]

補償対象の同じ「搭乗者傷害」と「人身傷害」。大きく異なるのは、“保険金の計算方法”!

 契約している自動車が交通事故などのトラブルに遭った際に、運転者や同乗者を対象に補償されるのが「搭乗者傷害保険」と「人身傷害補償保険」。補償対象は同じだが、実は異なるポイントがある。最も大きな違いは、“保険金の計算方法”だ。

 まず、「搭乗者傷害」は、あらかじめ定められた金額が支払われる「定額払い」となっている。ケガに関する支払いにおいては、入院や通院の日数で保険金額を決める「日数払い」と、ケガが生じた部位や症状別に定められた保険金を受け取る「部位・症状別払い」があるが、いずれかのみの保険会社もある。

 一方、「人身傷害」は、保険金額の範囲内で実際の損害額が支払われる「実損払い」。定額払いの場合、損害額が高額になってしまうと保険金でまかないきれなくなることもあるが、実損払いの人身傷害では、その可能性は少なくなる。ただし、そのぶん保険料は割高となる。

 加入については、「双方」「搭乗者傷害のみ」「人身傷害のみ」など様々。見積もり時にしっかり確認し、補償とコストのバランスを考えて契約しよう。

>>保険金の申請がしやすい自動車保険は?
■<自動車保険>保険金申請のしやすさランキング

>>実際に保険を使ったドライバーに調査!
オリコン顧客満足度<自動車保険>商品内容の充実度ランキング


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。