自動車保険は分割払いがお得?選ぶメリットやデメリットを解説

自動車保険は分割払いがお得?選ぶメリットやデメリットを解説

自動車保険の保険料を支払うにあたって、分割払い(月払い)と一括払い(年払い)のどちらにすべきか迷っていませんか?分割払いにした場合、どのようなメリット・デメリットがあるのか知りたいという方もいるでしょう。

今回は、自動車保険の保険料を支払う方法と、分割払いのメリット・デメリットをわかりやすく解説します。

自動車保険の支払い方法は2種類

自動車保険の保険料を支払う方法には、大きく分けて分割払い(月払い)一括払い(年払い)の2種類があります。それぞれの支払い方法の特徴と、決済方法の種類について確認しておきましょう。

分割払い(月払い)

分割払いとは、年間の保険料を分割で支払う方法です。12回分割の場合、年間保険料に分割手数料を上乗せした金額を12等分して支払います。分割回数は保険会社によって異なるため、必ずしも12回分割とは限りません。

決済方法は口座振替、またはクレジットカードの場合が多く見られます。自動車保険の年間保険料は比較的高額になるケースも想定されるため、一括で支払うことで家計への負担が大きくなる場合もあるでしょう。分割払いを選択することによって、家計への負担を分散させることができます。

一括払い(年払い)

一括払いとは、1年分の保険料をまとめて支払う方法です。分割払いとは異なり分割手数料が発生しないため、実際にかかる保険料をそのまま支払うことになります。

分割払いと比べて選べる決済方法が豊富なケースが多く、保険会社によっては口座振替やクレジットカード払いのほか、銀行振込やコンビニ払いなどが選べることもあります。

年払い(一括払い)について、詳しくはこちらにまとめています

分割払い(月払い)の方法

自動車保険の保険料を分割払いで支払う場合、保険会社が提供している分割払いクレジットカード会社による分割払いの2つを選べます。保険会社の分割払いでは、年間保険料に5%程度の分割手数料を上乗せした金額を分割回数で割ったものが1回あたりの支払い金額です。一方、クレジットカード会社による分割払いの場合は、クレジットカード会社ごとに分割手数料が異なります。

保険会社による分割払いと比べると、クレジットカード会社による分割払いのほうが支払い総額は多くなるのが一般的。したがって、支払う保険料の総額が少ない順に並べると「一括払い <保険会社による分割払い<クレジットカード会社による分割払い」となります。

分割払い(月払い)のメリット

分割払い(月払い)のメリット

自動車保険の保険料を分割払い(月払い)にすることで、具体的にどのようなメリットを得られるのでしょうか。主なメリットとして、次の2点が挙げられます。

1回あたりの保険料が少ない

分割払いにすることで、1回あたりに支払う保険料を抑えられます。自動車保険の保険料は比較的高額になるケースも少なくないため、手元に資金がないときにも対応できる点がメリットです。支払いの負担が少なくなり、家計のやりくりがしやすくなるでしょう。

また、車を複数台所有している場合や、さまざまな条件によって保険料が高額になる場合にも、分割払いであれば無理なく支払いやすくなります。このように、支払いの負担を分散できることが分割払いの大きなメリットです。

中途解約をする場合は一括払いよりも得

何らかの事情で自動車保険を解約または乗り換える場合、分割払いであれば特に問題なく手続きを進めることができます。契約月分まで保険料を支払うだけで解約手数料もかからないため、契約途中での解約・乗り換え時にデメリットが生じません。

一括払いの場合、解約手数料がかかる場合があります。また、残りの契約月数に応じて解約返戻金が支払われますが、支払い済みの保険料よりも解約返戻金のほうが少なくなるケースが大半となる点に注意してください。

一般的には、契約期間中に解約すると一括払いの場合は損をすることになります。中途解約した場合に一括払いよりも得になる点は、分割払いのメリットといえるでしょう。

分割払い(月払い)のデメリット

分割払い(月払い)のデメリット

分割払い(月払い)にはデメリットもあります。自動車保険の保険料を分割払いする場合に生じる主なデメリットは次のとおりです。

保険料が高くなる

保険料を分割払いすると、分割手数料が上乗せされます。一括払いを選択した場合と比べると、支払う保険料の総額は分割払いのほうが高くなる点がデメリットです。

クレジットカード会社による分割払いを選択した場合、分割手数料は保険会社による分割払いよりもさらに高くなります。トータルで見た場合、保険料の負担が増すことを理解しておく必要があるでしょう。

決済方法や申込み方法が限られている

保険料を支払う際の決済方法は保険会社ごとに異なりますが、一般的に分割払いの支払い方法は、クレジットカード払い口座振替に限られているケースが多く見られます。一括払いであればそのほかの支払い方法も選べる場合があるため、決済方法が限られてしまう点は分割払いのデメリットといえるでしょう。

また、自動車保険を申し込む方法にも違いがあります。保険会社によっては、分割払いの申込みは電話のみで受け付けているケースも見られるからです。

インターネットで申し込むには、一括払いを選択せざるをえない場合もあります。申込み方法が制約される可能性がある点も、分割払いを選択するデメリットのひとつです。

保険料未払いの場合、保険契約解除になる場合もある

自動車保険の保険料を分割払いにすることにより、保険料が定期的に引き落とされることになります。口座の残高不足などで引き落としができない、クレジットカードの有効期限が切れていたなど、保険料未払いのリスクが高まることがデメリットのひとつです。

保険料未払いの期間が続くと、保険契約そのものが解除になるおそれがあります。振込を忘れることのないよう生活口座を指定したり、残高を定期的に確認したりするなど、保険料の未払いが発生しないよう注意することが大切です。

分割払いのメリット・デメリットを理解して支払い方法を選ぼう

自動車保険の保険料をトータルで節約するなら、一括払いを選択するほうが確実です。ただし、一括での支払いでは負担が大きい場合や途中解約をする予定がある場合、分割払いを検討するのもひとつの方法でしょう。
分割払いを選択した場合のメリット・デメリットを把握した上で、自分に合った支払い方法を選ぶことが大切です。

オリコンでは、日本最大級の規模で調査を行い、毎年オリコン顧客満足度ランキングを発表しています。自動車保険の保険料や事故対応、加入者の年代など、さまざまな視点のランキングを確認できますので、ぜひ保険会社選びの参考にしてください。

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。