自動車保険「中断証明書」の発行方法

自動車保険「中断証明書」の発行方法(写真はイメージ)

 海外への転勤や入院など、さまざまな理由で、しばらく車に乗らなくなることもあるだろう。その際、保険料が無駄になるからと自動車保険を解約してしまうという人もいるかもしれない。そのような場合に利用できるのが、これまでの自動車保険の等級を保存しておける「自動車保険の中断」だ。車に乗らない間の保険料の支払いをすることなく、再び車に乗るタイミングで以前の等級のまま再開することが可能。ただし、自動車保険の中断と再開には、満たさなければならない条件がある。自動車保険の中断と再開について詳しく解説する。

車に乗らない間は保険を中断し、同等級で再開できる

 自動車保険の中断とは、現在の保険の等級を残したまま保険の支払いを中断し、再び必要になった際に以前の等級を引き継ぎ再開できる制度のこと。海外への転勤や入院、車検切れなどの理由で車に乗らなくなったときに、自動車保険を中断することができる。

 自動車保険の中断は「最長10年間」有効となり、10年以内に保険契約を再開すれば、以前の等級を引き継ぐことが可能。自動車保険の等級は、無事故の場合、1年間に1等級上がる。等級によって保険料の割引が異なるので、自動車保険を中断しておくことで、再び車に乗る際にも割引率の高い中断前の等級を引き継ぐことができるというメリットがある。

 また、保険を中断するためには、自動車保険の契約期間中に保険契約している車の譲渡または廃車の手続きをしておく必要がある。車の譲渡、または廃車の手続きをしないまま自動車保険の満期を迎えてしまうと、中断をすることができない。車にしばらく乗らなくなることがわかった時点で、車の譲渡または廃車の手続きと、自動車保険の中断手続きを進めていこう。

中断の手続きと保険料の返金について

 現在の保険等級が7等級以上で、かつ車の譲渡や廃車の手続きをした場合には、自動車保険の中断をすることができる。「保険契約の車に乗らない証明」があれば利用することができる制度なので、一時抹消や車検切れなどの場合でも中断が可能。事故などで保険使用があり保険等級が6等級未満の場合は、自動車保険の中断を利用することはできない。その場合は、自動車保険を解約することになる。

 自動車保険を中断して再び車に乗る際に再開するためには「中断証明書」が必要。車を手放したことが証明できる「登録事項等証明書」などの書類があれば、中断証明書を発行できる。ただし、女性の妊娠や長期の海外出張などの場合は、車を手放さずに自動車保険の中断をすることが可能だ。一括払いですでに支払い済みの保険料は、自動車保険を中断する際に月割りでの返金ができる。

中断特則で引き継ぐことが出来る保険等級と適用範囲

 中断証明書を使用して保険等級の引継ぎができる仕組みを「中断特則」という。中断特則は、現在の等級を最長10年以内で引き継ぐことができる特則だ。中断特則には、日本国内で車を廃車または譲渡した際に保険を中断できる「国内特則」と、海外出張や留学など長期で日本を離れる場合に利用できる「海外特則」がある。

 中断特則で引き継ぐことができる保険等級は中断時点の等級ではなく、次回保険更新時の等級が適用される。具体的には、自動車保険を中断した年に事故などで保険使用があった場合は、3等級ダウンするということになる。等級ダウンによって6等級以下になってしまう場合は、現在7等級以上でも保険の中断を利用することができませんので注意が必要。

 中断特則では中断時の被保険者本人だけではなく、被保険者の配偶者や同居の親族が等級を引き継ぐことも可能。また、中断した際の保険会社と再開した際の保険会社が違う場合でも、中断特則により自動車保険の等級を引き継ぐことができる。

もし中断証明書を紛失したら? 再開するにあたって必要な書類

 中断していた自動車保険を再開する場合には、原則新しく車を取得した日から1ヶ月以内に再開の手続きをする必要がある。自動車保険を再開する際には「中断証明書」と「新しい車の車検証の写し」が必要。再開する際の保険会社は、中断前の保険会社と同じである必要はないが、一部共済などは中断特則が適用されないことがある。

 中断証明書の有効期限は中断後の10年間となっており、10年を過ぎて新しい車を取得しても保険を再開することはできない。この場合は、新規に保険契約をする必要がある。中断証明書は自動車保険の再開に必要な書類なので、大切に保管しておこう。万一紛失してしまった場合は、中断証明書の再発行も可能だが、再発行には中断前の契約住所や車の登録番号などが必要になる。再発行まで最短でも2週間程かかるので、自動車保険を中断する際は中断証明書を無くさないように保管しておこう。

 万一の場合に備えて入っておきたい自動車保険。せっかく上がった等級を無駄にしてしまうことのないように、利用できる仕組みを上手に活用しよう。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。