株主優待生活・桐谷さんが選ぶ「持っていてよかった“優待ベスト3”」

株主優待付き銘柄を400以上保有する桐谷氏が、「持っていてよかった!」と思う優待ベスト3を紹介。ナンバー1に選んだのは? (C)oricon ME inc. [拡大する]

株主優待付き銘柄を400以上保有する桐谷氏が、「持っていてよかった!」と思う優待ベスト3を紹介。ナンバー1に選んだのは? (C)oricon ME inc.

 株価の値動きも比較的安定し、他の銘柄と比べてリスクも低いことから、投資初心者向けといわれる「株主優待付き銘柄」。しかし、実際に投資デビューとなったとき、どの銘柄を選べばよいのだろう。オリコン・CS(顧客満足度)ランキングでは、株主優待生活の達人ともいえる“桐谷さん”こと桐谷広人氏に、「持っていてよかった優待ベスト3」を取材。現在、400以上の優待付き銘柄を保有する桐谷氏が選ぶ“優秀銘柄”とは?

第1位:コロワイド

 居酒屋『甘太郎』や『北海道』、イタリアンレストラン『ラ・パウザ』などの数多くの外食チェーン店を運営する企業。500株以上保有すると半年で2万ポイントのカードがプレゼントされ、多くの系列店で利用できる。桐谷氏は「1ポイント=1円単位で使えて利便性が良い」と1位に選んだ理由を語り、優待で食事を楽しむテクニックの1つとして「系列店をくまなくチェックしましょう」とアドバイスを送る。

第2位:ビックカメラ

 保有株数が100株以上500株未満で、2月に2000円、8月に1000円の買物優待券がもらえ、「家電だけでなく、薬やお酒など何でも買える」点も桐谷氏が推薦するポイント。最低投資資金10万円以下で始められ、配当+優待利回りが8%以上と高めだ。2年以上の長期保有者にはさらに優待が加算される。

第3位:TOKAIホールディングス

 配当だけでも高利回りなのだが、【婚礼や食事などで使える割引券+商品】のダブル優待がもらえるため、合計利回りは15%近くになるそう。商品は4種類の中から選べるが、桐谷氏は「日持ちするペットボトルの水12本セットをもらっている」と“賢い選び方”を教えてくれた。

 桁外れの記憶力とリサーチ力を駆使して、多くの優待内容や使い勝手を熟知している桐谷氏。ただ、おすすめ銘柄を雑誌などで紹介したために、投資家が殺到し、優待自体を廃止してしまう例も増えているそうだ。購入の際は自分の目でしっかりと情報を確認しよう。

>>投資初心者に評価されているネット証券はココ!
『顧客満足度の高いネット証券ランキング』

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。