使い勝手“抜群”! 2月権利確定の注目「有名企業優待」4選

「ビックカメラ」の買い物割引券(画像は優待品イメージ) [拡大する]

「ビックカメラ」の買い物割引券(画像は優待品イメージ)

 2月は権利確定を迎える百貨店やスーパー、小売店、外食チェーンなどが多い月でもある。そこで今回は、2月に権利確定を迎える株主優待付銘柄の中から、誰でも知っている“有名企業株”をピックアップ。「全国に店舗がある」「優待の使い勝手が良い」など注目4銘柄を紹介する。

【注目銘柄】その1
ニトリホールディングス(東証1部/9843)

 自社で企画・開発した低価格の家具・インテリアを販売する「ニトリ」などを運営する企業。大型店を中心に、全国に店舗を出店しており、海外には自社工場も設立している。

 株主優待は、全国の「ニトリ」、「デコホーム」各店での買い物時に利用できる10%割引券。保有期間が1年未満で100株以上保有している場合、購入額50万円を上限とした10%割引券が5枚、1年以上保有で100株以上の場合は10枚、500株以上で15枚もらえ、継続保有特典もある。権利確定は2月20日で、月末ではないので注意しよう。

【注目銘柄】その2
ビックカメラ(東証1部/3048)

 東京都を中心に、全国のターミナル駅で店舗を展開する大手家電量販店。株主優待は、1000円分の買物優待券が年2回もらえ、100株以上保有の場合は(1)2月末日に2枚、(2)8月末日に1枚、500株以上になると(1)3枚、(2)2枚と保有株数に応じて枚数が異なる。

 さらに、1年以上の継続保有で、年1回の特別優待もあり、優待券が1枚追加される。「ビックカメラ」のほか、傘下に置く「ソフマップ」と「コジマ」でも使用でき、通販にも対応。家電だけでなく、薬や日用雑貨の購入にも使えるため、優待族からの評価も高い。権利確定は2月末と8月末。

【注目銘柄】その3
エービーシー・マート(東証1部/2670)

 靴小売専門店大手の「ABC-MART」を全国展開している企業。韓国や台湾など、海外出店も拡大中だ。株主優待は1000円割引券で、100株以上保有で3000円分、300株以上で5000円分がもらえる。購入額5000円ごとに1枚、1回につき5枚まで利用できる。靴の修繕や通販サイトでは利用できないが、「ABC-MART」のほか、「Gallop」など全国にある系列各店での買い物時に使える。権利確定は2月末。

【注目銘柄】その4
スギホールディングス(東証1部/7649)

 東海地方を中心として関西・関東に「スギ薬局」や「ドラッグスギ」などのドラッグストアを展開。株主優待は、スギグループ全店で使える、買い物が5%割引になる株主優待カードと優待券がもらえる。優待券は100株以上保有で3000円分、1000株以上で5000円分だが、店舗が近くにない場合でも、同額相当のギフトセットやカタログギフトと交換してくれる。権利確定は2月末。

銘柄検索や企業情報のチェックには、ネット証券各社が提供する便利な情報・分析ツールの活用がおすすめ。口座開設は各社無料なので、複数のネット証券で使い勝手を比較・検討してみよう。

>>取扱商品量が多いネット証券をチェック!
『顧客満足度の高いネット証券ランキング』

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。