口座開設時の意外な盲点!? ネット証券は“銀行選び”でもっと便利に!

ネット証券に口座を開設するときは、「銀行選び」にも注目してみよう! [拡大する]

ネット証券に口座を開設するときは、「銀行選び」にも注目してみよう!

 年度末を迎え、今週からいよいよ新年度がスタートする。「春から財テクを!」と意気込んでいる新社会人やビジネスパーソンも多いのではないだろうか。投資を始めるにあたって、まずは証券会社に口座を開設することが必要不可欠。簡単・スピーディーに取引ができる「ネット証券」の場合、“提携のネット銀行”との連動性を生かすことで、より便利に利用できる。

 証券口座を開設後、証券口座にお金の出し入れをするには、口座開設時に指定した銀行口座を通じて入出金依頼をする。メガバンクやゆうちょ銀行ももちろん選択可能だが、インターネットで手軽に決済ができる特長を生かして、ネット銀行を指定する人も多い。その際、各ネット証券は特定のネット銀行とサービス面で提携していることが多いので、ネット銀行選びもポイントになってくる。2社間の連動性は高く、「入出金がリアルタイムでスムーズ」、「出入金にかかる手数料が無料または安い」などのメリットがある。

 例えば、「SBI証券」は「住信SBIネット銀行」と提携。住信SBIネット銀行では、証券口座と連携性が強い「SBIハイブリッド預金」という口座を提供し、SBI証券での現物取引の買付代金や信用取引における必要保証金・現引可能額に充当できるサービスを実施している。

 さらに、投資や株の売買に不可欠なツールや市場動向レポートを提供することもある。「マネックス証券」の場合、提携銀行である「ソニー銀行」はユーザーに対して、マーケット情報や最新ニュースを素早くチェックできる“高機能トレーディングツール”や分析ツールなどを提供している。

 そのほか、「楽天証券」は「新生銀行」、「カブドットコム証券」と「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」は「三菱東京UFJ銀行」など、ネットを専業としない、いわゆる“総合銀行”と提携しているネット証券もある。

 手数料の安さやツールの使い勝手など、口座開設時のポイントはいくつかあるが、銀行選びは意外と意識していない人も多い。銀行選びにも注目して、さらに利便性を高めてはいかがだろうか。

>>取扱商品量が多いネット証券をチェック!
『顧客満足度の高いネット証券ランキング』

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。