人気ブロガー・rikaの「1日1選おすすめ優待」【週末版】 “満点評価”の企業も登場!

「アトム」は自社運営の飲食店で使えるポイントを付与(画像は優待品イメージ、内容は変更になる場合あり) [拡大する]

「アトム」は自社運営の飲食店で使えるポイントを付与(画像は優待品イメージ、内容は変更になる場合あり)

 実施企業が着実に増えている『株主優待』。「まずは株主優待銘柄から財テクを始めたい」と考えているビジネスパーソンも多いだろう。そこで500社以上の優待を取得する“人気優待ブロガー”のrikaが、独自の視点で注目の銘柄を紹介する。

 「週末版」では、『オリコン顧客満足度ランキング』の「ネット証券」内で、“1日1選”したおすすめ銘柄を一週間分まとめて7本掲載していく。

【注目銘柄1】アトム(東証2部/7412)

<株主優待品>
100株以上/2000ポイント(2000円相当)など

<権利確定月>
3月末、9月末

<rika流 優待チェック>
使い勝手:★★★★★
主婦向け:★★★★★
優待品の個性:★★★★★
オトク度:★★★★★
総合おすすめ度:★★★★★

<コメント>
 外食チェーン店を多数運営している「コロワイド」の傘下で、居酒屋「北海道」や回転寿司「にぎりの徳兵衛」、イタリアン「ラ・パウザ」などを展開しています。毎回、優待チェックの★の数で悩む銘柄が多いのですが、こちらは私自身一番好きな優待で、文句の付け所がなく満点です!

 優待は年2回ポイントが付与され、全国各地にある店舗で1円単位まで使い切ることができます。お店のバリエーションは和食から洋食、焼き肉、居酒屋、寿司ととても豊富です。有効期限は1年間で、「週末は利用できない」などの利用制限もありません。代替品との交換制度も用意されています。さらに配当もあります。

 同業種の100株優待で、これだけ使い勝手の良い優待銘柄は、同様の優待を出している「コロワイド」と「アトム」以外、ほかにないと思います。

 私自身、10年以上保有している銘柄で、本当にあちこちのお店で利用させてもらっていて、思い出が多い銘柄の一つです。以前は100株以上保有の場合、500円券×3枚(1500円分)でした。2006年9月から1000円券×2枚の2000円の優待にアップ。ですが、後に業績が思わしくなく、「優待改悪などがあるのでは」と心配していましたが、2011年から「優待券からポイントカードになる」というシステム変更のニュースが出ました。優待変更のIRを見たとき、「それだけシステムにお金をかけるということはまだ優待が続くのね!」と安心したのをよく覚えております。その後、業績も良くなり、無配だった配当も復配、株価も上昇して、持っていて一番うれしい優待となりました。

 自社運営の飲食店で使える“ポイント付与優待”といえば、先ほども紹介したコロワイド(東証1部/7616)です。コロワイドはアトム以外にも、「牛角」などを運営していた「レッグス・ホールディングス」も完全子会社にして、今後こちらの店舗での優待利用ができるようになるのか気になるところです。ちなみに、昨年度から100株単位になりましたが、優待は保有数500株以上からですのでご注意ください。また、知名度では圧倒的にコロワイドの方が高いですが、もしまだアトムの事をご存じない方はぜひチェックしてみてくださいね。


【注目銘柄2】ワタミ(東証1部/7522)

<株主優待品>
100株以上/500円食事券×12枚など

<権利確定月>
3月末、9月末

<rika流 優待チェック>
使い勝手:★★★☆☆
主婦向け:★★★☆☆
優待品の個性:★★★☆☆
オトク度:★★★☆☆
総合おすすめ度:★★★☆☆

<コメント>
 居酒屋チェーン「和民」で有名です。ほかにも有料老人ホームや宅配弁当事業も展開しています。

 こちらも以前からちょこちょこと優待内容が変更されています。以前は食事券がランチでも利用できていましたので、私は「FRIDAYS」などでランチ利用することが多かったのですが、それが廃止となりがっかり…。金、土曜日に利用できず、一人1000円までの利用制限がありました。使い勝手が悪いことと、近くに店舗がなかったため、優待利用にはいつも苦労していました。それでも昨年に、曜日の利用制限が廃止され、今までよりは利用しやすくなりました。

 悪い話題が続いていて、業績も苦戦しているので、まだまだ心配な銘柄ではありますが、優待利回りは抜群です。

 “居酒屋系銘柄”というとほかにも、「天狗」ブランドを経営するテンアライド(東証1部/8207/3・9月末権利確定)、「八犬伝」や「酔虎伝」運営のマルシェ(東証1部/7524/3・9月末権利確定)、「塚田農業」運営のエー・ピーカンパニー(東証1部/3175/3月末権利確定)などがあります。


【注目銘柄3】モスフードサービス(東証1部/8153)

<株主優待品>
100株以上/500円優待券×2枚など

<権利確定月>
3月末、9月末

<rika流 優待チェック>
使い勝手:★★★★☆
主婦向け:★★★★☆
優待品の個性:★★★☆☆
オトク度:★★★☆☆
総合おすすめ度:★★★☆☆

<コメント>
 ハンバーガーチェーン「モスバーガー」を運営しています。

 私は昔からハンバーガーは“モス派”でしたので、こちらも長期で保有しています。こちらも株主優待は変更が何度かありました。

 以前は1000株単位で手が出ませんでしたが、2005年に100株単位に変更され、私はこの年の9月から株主になりました。当時は100株で500円の優待券が1枚。2011年3月から500円増額され1000円分になり、現在に至ります。

 2008年にはダスキン(東証1部/4665)との業務提携を発表し、同年9月末権利確定分の優待から、「ミスタードーナツ」と「モスバーガー」各店で相互利用がスタートし、両店で利用できるようになりました。私もダスキンの株主でもあり、ダスキンの優待もモスバーガーで利用することが多かったのですが、最近はミスタードーナツのプレゼント商品が魅力的で、利用回数が増えました。年末に販売する福袋にも利用できるんですよ。


【注目銘柄4】エディオン(東証1部/2730)

<株主優待品>
100株以上/500円優待券×6枚(2000円以上の買い物に1枚利用可)など

<権利確定月>
3月末

<rika流 優待チェック>
使い勝手:★★★☆☆
主婦向け:★★★☆☆
優待品の個性:★★★☆☆
オトク度:★★★☆☆
総合おすすめ度:★★★☆☆

<コメント>
 家電量販店「エディオン」や「エイデン」などを運営しています。

 優待券は、2013年より1枚200円券×15枚から500円券×6枚に変更され、お買い上げ金額2000円ごとに500円券1枚が利用できるようになりました。配布基準も見直され、500株以上の場合はもらえる枚数が倍になり、利用しやすくなりました。「エディオンネットショップ」でも利用可能で、優待券を郵送すれば優待券分のキャッシュバックが受けられます。

 ただ、残念なことは、2014年10月よりホームセンター「ホームエキスポ」全店が「カーマ」の子会社になったため、エディオンの優待券が利用できなくなりました。

 3月に権利確定を迎える“家電企業銘柄”といえば、ほかにもヤマダ電機(東証1部/9831)、ケーズホールディングス(東証1部/8282)、ノジマ(JASDAQ/7419)などがあります。家電優待はほとんどの場合、“購入金額いくら以上で1枚利用可”などの利用制限があります。


【注目銘柄5】ジョリーパスタ(東証2部/9899)

<株主優待品>
100以上/500円優待食事券×2枚など

<権利確定月>
3月末、9月末

<rika流 優待チェック>
使い勝手:★★★★☆
主婦向け:★★★★☆
優待品の個性:★★★☆☆
オトク度:★★★☆☆
総合おすすめ度:★★★☆☆

<コメント>
 パスタ専門店「ジョリーパスタ」を展開しています。2013年に社名を「サンデーサン」から現在の「ジョリーパスタ」に変更しました。

 2007年にゼンショーホールディングス(東証1部/7550)の傘下になり、またファミレス「ココス」を運営する「ココスジャパン」(JASDAQ/9943)とも業務提携をしているので、優待券は「すき家」や「はま寿司」など3社が運営するお店ならどこでも利用可能です。

 わたしはジョリーパスタが近隣にないので、「ココス」と「すき家」で利用することが多いですが、基本的に全国各地に店舗がありますし、利用制限もないので利用しやすいと思います。


【注目銘柄6】青山商事(東証1部/8219)

<株主優待品>
100株以上/15%割引買物優待券×3枚など

<権利確定月>
3月末、9月末

<rika流 優待チェック>
使い勝手:★★★☆☆
主婦向け:★★★★☆
優待品の個性:★★★★☆
オトク度:★★★☆☆
総合おすすめ度:★★★☆☆

<コメント>
 紳士服「洋服の青山」を運営しています。

 以前から、我が家ではこちら優待に本当にお世話になっています。子どもたちの大学入学式から、成人式、就活のスーツ、最近では礼服まで、本当に優待で大きく割引をしてもらっていて家計が助かっております。

 娘の婚約時の両家顔合わせの大切な日、夫がタンスから久しぶりにコートを出したのですが「着られない!」と言い出して、当日大慌ててお店へ買いに行き、優待利用で安く購入でき、事なきを得たなんてことも…。

 他の割引とも併用ができる点もうれしく、「AOYAMAカード」も作っていれば、カード支払いでさらに5%引きになります!

 同様の割引券がもらえる“紳士服銘柄”といえば、AOKIホールディングス(東証1部/8214)、コナカ(東証1部/7494)などがあります。どちらも権利確定月は3月末と9月末です。


【注目銘柄7】クロップス(東証1部/9428)

<株主優待品>
100株以上/クオカード500円など

<権利確定月>
3月末

<rika流 優待チェック>
使い勝手:★★★☆☆
主婦向け:★★★★☆
優待品の個性:★★★★☆
オトク度:★★★☆☆
総合おすすめ度:★★★☆☆

<コメント>
 東海4県で携帯電話「au」専売店ネットワークを展開している企業です。

 今年から優待が変更になります。昨年までは、100株以上保有で東海地区名産品3000円相当がもらえました。昨年10月30日に優待変更のIRが発表され、100株以上で500円分クオカード、500株以上なら追加でオリジナルカタログギフト5000円分がもらえます。この優待変更IRが出た時、株価は暴落しましたが、私は「500株にすればお得になるし、今年がチャンス!」と追加して、500株保有の株主になりました。

 このIR発表時に“2年以上継続保有”という注記がありましたが、これについてIR担当者に確認したところ、本年度に取得して株主になった場合は、この2年という条件は関係なく、その後も継続保有すれば、来年度以降もそのまま継続されます。“2年以上の継続保有”という条件は、今年4月1日以降に株式を購入した新規株主から適応されますので、本年度に取得しておくととても有利です。

 3月に権利確定を迎える銘柄で、長期保有特典がある“選べる優待”は、ほかにも中古車情報を扱う車ポータルサイト「GOO」運営のプロトコーポレーション(JASDAQ/4298)や、プリペイドカードの発行・販売を行うゲームカード・ジョイコホールディングス(JASDAQ/6249)などがあります。


【筆者プロフィール】
rika(りか)/東海地方在住の40代主婦。2002年から優待投資にハマり、飲食から生活用品、遊びまで、優待を活用した生活をブログ『毎日優待三昧 rika』(http://d.hatena.ne.jp/yuutaizanmai/)で紹介中。株主総会やIRも積極的に参加し、現在は500社以上の優待を取得。

>>取扱商品量が多いネット証券をチェック!
『顧客満足度の高いネット証券ランキング』

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。