oricon MEでは、2006年からさまざまな産業で顧客満足度調査を実施しています。 当業種においては、41社を対象に調査を行い、過去2年以内に実際にFX取引を利用した4,558名の方からの回答を得ました。

FX取引の顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP ランキングTOP
評価項目別 取引手数料 通貨ペア・発注方法 分析ツール 提供情報 問い合わせ 取引のしやすさ システムの安定性
投資スタイル別 スキャルピングトレード デイトレード スイングトレード スワップトレード
業種別 FX専門業者 証券会社 銀行
初心者 初心者

スキャルピングトレード 満足度ランキング

スキャルピングトレード : 数秒〜数分間の売買を繰り返す超短期間売買手法で、投資を行った人を対象とする。

2位

67.84

たまに、本当にたまに注意喚起のメールが来ること(例えば、イギリスのEU離脱とか)(60代以上/男性)

3位

67.34

口座開設は容易だった。(60代以上/男性)

5位

66.11

他の証券会社はせいぜい10年だが、SBIは過去30年までのチャートが見れる点。(30代/男性)

FX取引 利用者4,558人が重視した項目

取引手数料
39.35%
通貨ペア・発注方法
18.39%
システムの安定性
13.16%
分析ツール
10.68%
取引のしやすさ
9.78%
提供情報
5.09%
問い合わせ
3.55%

重視項目とはユーザーが、商品やサービスを利用・選定する際に重要視した項目を調査したデータです。数字の大きい項目ほど、重要視している結果となります。

調査データのご提供 顧客満足度ランキング作成時に調査した、集計データ・調査レポートごご提供いたします。

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

2015年度オリコン顧客満足度ランキング
モニター会員に登録してオリコンランキングに参加しよう!
オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
4,558

このFX取引ランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

ジャンル・ランキング定義
調査詳細について

ランキングの対象について

第1階層:金融業・保険業
第2階層:金融商品取引業・商品先物取引業/銀行業
第3階層:金融商品取引業/銀行
ランキング階層:FX取引

※総務省告示として制定された『日本標準産業分類』を基礎にOCSが独自に細分化した業界階層です。

調査概要

事前調査
2017/05/30〜2017/08/16
更新日
2018/01/04
サンプル数
4,558人(調査時サンプル数4,816人)
規定人数
100人以上
調査企業数
41社
定義
裁量トレードで行うFX取引を提供しているFX専門事業者、証券会社、銀行を対象とする。システムトレードで行うFX取引は対象外とする。
調査期間
2017/08/17〜2017/08/29
2016/09/07〜2016/09/12
調査対象者
性別:指定なし 年齢:20歳以上 地域:全国 条件:過去2年以内に1回以上、インターネットを利用して裁量トレードでFX取引をしている人

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れたサンプルを除外した上で作成しています。
※N≧100を基準として企業を抽出し、その中で最も回答者数の少ない企業の回答者数の90%以上をランクイン対象及び規定人数とします。
※ランキングTOPにランクインしている企業が、部門別ランキングにおいて規定人数未達によりランクインしない場合がございます。
※部門別ランキングは、規定人数未達によりランキングを発表しない場合がございます。
≫ 詳細はこちら

設問内容 アンケート調査を実施した際の質問事項です。満足度評価項目のほか、該当サービスの利用状況や検討内容を質問しています。

調査企業

過去ランキング

推奨意向

継続意向