【自動車保険ガイド】引き継ぎ可?保険料に関わる「等級」知っておきたい3ケース

等級制度は保険料にダイレクトに影響!損をしないために仕組みをしっかり理解しておこう [拡大する]

等級制度は保険料にダイレクトに影響!損をしないために仕組みをしっかり理解しておこう

 自動車保険の負担額を大きく左右する等級。新規加入時は6(S)からスタートとなり、その後、無事故であれば上がって保険料の割引率が高くなり、事故を起こすと下がって割引率は低くなる。そこで押さえておきたいのが、この等級の“引き継ぎ”について。「せっかく上がった等級を無駄にせず維持したい!」と考えている自動車保険契約者はもちろん、環境に変化が起きがちなドライバーは頭に入れておこう。

■ケース1)譲ってもらった車の等級を引き継ぎたい――譲り受け先によっては可

 自動車保険は、運転者と車に対してかけられるもの。そのため、原則として等級を引き継ぐことはできない。ただし、譲り受け先が配偶者であれば可。兄弟・子どもといった親族の場合も可能だが“同居”という条件をクリアしていなければならない点に注意しよう。

■ケース2)2台目の新車に1台目の等級を引き継ぎたい――買い増しでは不可だが優遇あり

 まず、1台目を廃車にして2台目に乗り換える場合、等級の引き継ぎは可能。しかし、1台目も所有し続ける、いわゆる“買い増し”では、引き継ぎは不可となることを覚えておこう。ただし、買い増しのケースでは、1台目の等級が11等級以上のドライバーが2台目の新規契約を結ぶ場合は、本来の新規加入時にあてられる6(S)等級より割引率の高い7(S)からスタートすることができる。

■ケース3)過去に加入していた自動車保険の等級を引き継ぎたい――中断証明書があれば可

 「数年ぶりに車を購入した」といった場合、過去に加入していた自動車保険の等級を引き継ぐことはできず、新規加入時と同じ6(S)等級のスタートとなる。そこで、車を手放す際には“中断証明書”を発行しておくことがおすすめだ。中断証明書があれば、最長10年間、過去の等級を引き継ぐことが可能となる。発行や適用条件の詳細は保険会社によって異なるため、加入中の保険会社に確認しておこう。

 保険料にダイレクトに影響する等級制度。損をしないためにも、その仕組みはしっかりと理解しておきたいところだ。

>>実際に加入していたドライバーが選ぶ”保険料”ベスト10!
自動車保険<保険料・金額>満足度ランキング

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。