自賠責保険の慰謝料 後遺症が残った場合の相場は?

 交通事故で傷害を負った場合、治療を続けてもケガが完治せず、後遺症が残ってしまうケースがある。この後遺症による精神的・肉体的な苦痛に対して、被害側は加害側の自賠責保険に慰謝料を請求することが可能だ。では、その算出方法と相場(基準)を見てみよう。

 後遺症については、身体に残った障害の程度に応じて、第1級から第14級まで区分される。数字が小さいほど障害の状態が重く、介護が必要な後遺障害は第1級もしくは第2級に相当する。

 自賠責保険の支払い基準では、この等級ごとに慰謝料の金額が決められている。たとえば、「神経系統の機能または精神・胸腹部臓器に著しい障害が残り、介護を要する後遺障害」の場合、第1級と認定されれば1600万円、第2級だと1163万円が慰謝料となる。また、初期費用等として、第1級は500万円、第2級は205万円が加算される。

 上記以外の後遺障害の場合は、第1級1100万円〜第14等級32万円の間で、段階的に減額されていく。また、どちらのケースでも、第1〜第3級に認定され、かつ被扶養者がいるときは、慰謝料は増額される。ただし、自賠責保険の損害賠償の限度額は120万円。不足分をカバーするのは任意保険となる。被害側であれば人身傷害保険に、加害側であれば対人賠償保険に加入しておくと役立つといえるだろう。

 後遺障害別に慰謝料の相場(基準)を見ていくと、たとえば「両眼の視力が0.1以下になった場合」は第6等級で慰謝料は498万円。「上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残した場合」は第10等級で慰謝料は187万円となる。後遺障害による損害としては、この慰謝料に逸失利益(身体に障害が残り、労働能力が減少したために得ることができない将来の収入)を加えた金額を賠償請求できる。

※事故内容により様々なケースがあるため、必ずしも上記に該当するものではない。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。