本格導入スタート! 「テレマティクス保険」メリット&デメリット

  • 【画像】自動車

 新たな任意保険として注目を集めている「テレマティクス保険」。すでにイギリスやアメリカでは導入が進んでいて、2020年には契約件数の約3割を占めると予測されています。日本でも徐々に商品化されつつありますが、いったいどのような保険なのでしょうか? メリット&デメリットは? 詳しく見ていきましょう。

「テレマティクス保険」では、リアルタイムに提供する運転情報をもとに保険料を算出

 「テレマティクス」とは、自動車などの移動体に通信システムを組み合わせて、リアルタイムに情報サービスを提供すること。“テレコミュニケーション(通信)”と“インフォマティクス(情報工学)”を合わせて名づけられています。

 この「テレマティクス」を利用する保険が、「テレマティクス保険」。PAYD(走行距離連動型)と、PHYD(運転行動連動型)の2種類があります。走行距離や運転特性(アクセルの開け方・ブレーキの掛け方など)といった運転者ごとの運転情報を取得・分析し、その情報をもとに保険料を算出する仕組みです。

 運転情報は、車に設置するブラックボックスやドライブレコーダー、また、カーナビからのインターネット通信などを用いて収集。国土交通省は「リスクに応じた詳細な保険料設定により、安全運転の促進の効果及び事故の減少効果がある」とし、2014年から重点テーマのひとつとして掲げています。

【テレマティクス保険のメリット】安全運転をすれば保険料を抑えられる!

 テレマティクス保険のメリットは、保険料を抑えられること。走行距離が短くなったり、アクセルやブレーキの操作が穏やかで安全運転をしている場合、事故リスクは減少し、保険会社が支払う保険金の額も少なく済む可能性が高いため、保険料を安く設定できるのです。保険会社もドライバーも、双方がメリットを享受できる状況、ということですね。

 また、情報が蓄積されることで、中古車として市場に出る場合に、車の経歴や素性が第三者でも明確に把握できることにつながり、自動車取得時の手続きが簡略化されるといったメリットも考えられます。

【テレマティクス保険のデメリット】個人情報が保険会社に漏れてしまう

 デメリットとしては、個人情報ともいえるドライバーの走行データが、保険会社に丸わかりとなってしまう点が挙げられます。また、すでに等級が高い優良ドライバーは、どれほど保険料が安くなるのか? という懸念点もあります。

 とはいえ、テレマティクス保険が普及すれば、交通事故そのものが減る可能性も高くなります。誰にとってもメリットとなりますね。日本での導入が今後どのように進んでいくのか、注目したいところです。

※参照:国土交通省HP

>>最新! 損保各社の「テレマティクス保険」を紹介

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。