「テレマティクス保険」とは? メリットとデメリットを解説

  • 【画像】自動車

 交通事故の減少を目指し、安全運転を支援する取り組みが進んでいる。そのひとつが「テレマティクス保険」だ。車に設置するカーナビやドライブレコーダーなどから運転情報を利用して保険料を算出する保険で、イギリスやアメリカではすでに導入が進んでおり、日本でも徐々に商品化されつつある。まだ馴染みのない保険とあって、詳しく知られていない部分も多いので、メリットとデメリットを紹介しよう。

テレマティクス保険とは

 「テレマティクス」とは、自動車などの移動体に通信システムを組み合わせて、リアルタイムに情報サービスを提供すること。“テレコミュニケーション(通信)”と“インフォマティクス(情報工学)”を合わせて名づけられている。

 この「テレマティクス」を利用する保険が、「テレマティクス保険」で、PAYD(走行距離連動型)と、PHYD(運転行動連動型)の2種類がある。走行距離や運転特性(アクセルの開け方・ブレーキの掛け方など)といった運転者ごとの運転情報を取得・分析し、その情報をもとに保険料を算出する仕組みである。

 国土交通省は「リスクに応じた詳細な保険料設定により、安全運転の促進の効果及び事故の減少効果がある」とし、2014年から重点テーマのひとつとして掲げている。

メリット:安全運転をすれば保険料を抑えられる

 テレマティクス保険のメリットは、保険料を抑えられること。走行距離が短くなったり、アクセルやブレーキの操作が穏やかで安全運転をしている場合、事故リスクは減少し、保険会社が支払う保険金の額も少なく済む可能性が高いため、保険料を安く設定できる。保険会社もドライバーも、双方がメリットを享受できるということだ。

 また、情報が蓄積されることで、中古車として市場に出る場合に、車の経歴や素性が第三者でも明確に把握できることにつながり、自動車取得時の手続きが簡略化されるといったメリットも考えられる。

デメリット:個人情報が保険会社に漏れてしまう

 デメリットとしては、個人情報ともいえるドライバーの走行データが、保険会社に丸わかりとなってしまう点が挙げられる。また、すでに等級が高い優良ドライバーは、どれほど保険料が安くなるのか、という懸念点もある。

 とはいえ、テレマティクス保険が普及すれば、交通事故そのものが減る可能性も高くなるので、誰にとってもメリットとなる。日本での導入が今後どのように進んでいくのか、注目だ。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。