【ネット証券】スマホの使いやすさ比較! オススメ機能も紹介

投資ビギナー必見! 証券各社ごとの“取引ツール”を徹底比較! [拡大する]

投資ビギナー必見! 証券各社ごとの“取引ツール”を徹底比較!

 ネット証券を選ぶ際に注目したいのが、スマートフォンの「取引ツール」だ。場所・時間を問わず、いかにして迅速にスマホで取引ができるかが、取引の結果に差が出るからだ。

 そこで、今回は各ネット証券のスマホで株取引ができる「株アプリ」について紹介したい。

 株アプリを利用すると、銘柄の情報や各種チャートなどをリアルタイムで見られるのはもちろん、何よりも使いやすさが重視され、初心者でも簡単に直感的に操作できる。

■SBI証券「HYPER株アプリiPhone/Android」

SBI証券の「HYPER株アプリiPhone/Android」は、現物、信用取引をはじめ、NISA取引にも対応した高機能アプリ。

 特徴は、注文方法。通常注文、最短2タップで注文可能な「板注文」に加えて、1タップで注文完了する「スピード注文」の3つから選ぶことができる。取引パスワード画面省略やワンタップ注文をONにすると、1タップでの取引が可能になり、快適かつスピーディーに取引ができる。

 また、操作性を重視した画面構成もすごい。マーケット画面のサマリには、CME日経平均先物など投資家にとって重要な指標を搭載。右にスワイプすれば、主要指標からニュース、ランキングの画面に遷移可能。フッターメニューやアプリを起動した際のTOP画面を好みでカスタマイズできるので、取引しやすいようオリジナルでカスタマイズして使いたい。

■カブドットコム証券「kabu.com for iPhone/Android」

 「kabu.com for iPhone/Android」は、各商品の注文機能はもちろん、リアルタイム株価ボードや高機能チャートを搭載したアプリだ。

 特徴は、豊富な注文機能が使えること。逆指値をはじめ、トレーリングストップ、W指値、±指値、Uターン注文、リレー注文など多彩な自動売買ができる。

 さらに、取引商品が多いのも魅力といえる。現物株、信用取引、先物・オプション取引、FX、取引所CFD、投信、外貨建MMFなどが、このアプリ1つで取引ができる。

■楽天証券「iSPEED for iPhone/Android」

 楽天証券の「iSPEED」は、板情報、チャート、株主優待、業績、四季報、1日1000本以上のロイターニュースなど、圧倒的な情報量を誇るアプリだ。

 特徴は、国内株式や市況・為替のチャート・レート、各種ニュースの情報がアプリを開くことなく、デスクトップ上に貼り付けたウィジェットでチェックすることができることだ(Android端末のみのサービス)。

 個別銘柄、市況や為替変動が確認できる「レートウィジェット」、個別銘柄、市況や為替のチャートが確認できる「チャートウィジェット」、6ジャンルの「ニュースウィジェット」を好きな組み合わせで配置が可能。自分仕様にカスタマイズすればするほど、快適なトレードを実現できる。

 時間の節約には、自分専用にカスタマイズすることが1番のポイント。使い勝手の良いアプリを見つけて、ネット証券にいつでもどこでもアクセスしよう。

【文/頼藤 太希】
株式会社Money&You代表取締役社長。一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかる場『FP Cafe』(https://fpcafe.jp/ )を運営。若手経済アナリストとして、セミナー・執筆など幅広く活動。日本証券アナリスト協会検定会員。ファイナンシャル・プランナー(AFP)。執筆:「FX完全ガイド」(晋遊舎)等

>> さっそくチェック! “取引ツールの利便性”で選ばれた【ネット証券】ランキング

>> スマホで「株主優待」が簡単に見つかる! カブコムが優待検索サービス開始

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。