走行距離割引とは? 自動車保険料を安くおさえる方法

  • 【イラスト】「走行距離割引」について

 車を利用するのは普段の買い物ばかりで、年間で考えると大した距離を走行していない…という人は意外と多いのではないだろうか。このようなドライバーは、保険料の基準に年間走行距離を取り入れている自動車保険を利用すると、走行距離が短くなるほど保険料を安くおさえることができるのでおすすめだ。今回は、この「走行距離割引」について紹介しよう。

走行距離割引とは

 走行距離に応じた割引制度が走行距離割引だ。車の走行距離は、積算走行距離計(オドメーター)で確認できる。運転すればするほどその距離は多く(長く)なり、事故の発生リスクは高くなるが、あまり運転しないならリスクが低いので、保険料が割り引かれる。いわゆるサンデードライバーは、この割引のある自動車保険を選ぶことで、保険料を今よりも安くすることができるだろう。

 走行距離区分は保険会社全体で統一されておらず、3区分、4区分、5区分、7区分といった具合に会社によってまちまちで、そもそも走行距離区分がない会社もある。割引がいくらになるかは、「7000km以下の区分なので○○円割引」と明示されているものではないので、実際に保険会社で見積もりを取り、そのうえで区分を変更して確認する必要がある。
【参考】A社の年間予定走行距離区分

3000km以下

買い物など日常の使用

3001km〜5000km

買い物やレジャーなどの使用

5001km〜10000km

買い物など日常の使用に加え、休日の使用

10001km〜15000km

買い物・休日の使用に加え、帰省などのロングドライブ

15001km以上

ほぼ毎日、長距離で使用


【参考】B社の年間走行距離に応じた保険料

3000km以下

13万1750円

5000km以下

13万9070円

7000km以下

14万5260円

9000km以下

15万7140円

11000km以下

16万4060円

16000km以下

19万2050円

無制限

19万9880円

(※マーチAK12/日常・レジャー使用/本人と家族に限定/車両保険なしの場合)
(※掲載している情報は2012年5月時点のものです)

年間走行距離の算出方法は2通り

年間走行距離は、以下の2つの算出方法で決定される。

(1)過去1年間の走行距離を参照
 このタイプを採用している保険会社の場合、その会社との初契約時に過去1年間の走行距離を申告し、積算走行距離計(オドメーター)の値を入力する。更新時には、積算走行距離計から実際の走行距離が判明する。自分の過去の走行距離が、ストレートに反映されるのだ。

 なお、初めて車を持ち、全くの新規で加入する場合には、走行距離は申告しない。つまり、この場合の加入時には走行距離による割引を受けられないことになる。

(2)1年間の走行距離を予想して申告
 例えば「通勤のみで使用し、1日20キロ走行。月間約400キロで、年間5000キロ以内」と予想して申告するタイプ。この場合、昨年1万キロ走った人でも、「ライフスタイルが変わって、通勤のみ使用」となれば“予想走行距離5000キロ”で申告することができる。

 ただし、例え「通勤のみ」「買物のみ」と予想していても、実際にはちょっとした遠出や旅行など、契約時には予期しない形で、申告した以上の距離を走るケースは当然あるだろう。保険会社は契約者の申告をもとに保険料を算出しているため、申告と実態があまりにかけ離れてしまうと、交通事故の際にスムーズに保険金請求ができない場合があるので注意が必要だ。

内容は保険会社によって異なる

 走行距離割引の内容は、保険会社によって異なる。特に違うのが“基準”で、「過去1年間の走行距離」と「保険期間中の予想走行距離」の2つに大きく分けられる。

 いずれの基準でも、距離が少ない(短い)区分であるほど保険料は安くなるが、事故の有無や運転者など、ほかの契約条件によってはそうならないケースもあることはおさえておきたい。自身の契約している保険会社の情報を確認してみよう。

申告した距離を超えそうな場合は?

 走行距離による割引のある自動車保険では、年間走行距離を契約者自身が事前に予想し、契約時に申告する。この距離が短いほど保険料が下がるわけだが、問題なのは申告した距離と実際の走行距離が違った場合だ。

 もしも、実際の走行距離が申告したものより長くなりそうな場合には、それがわかった時点で自動車保険会社に連絡しよう。事故の際には保険会社がオドメーターなどを確認するため、申告した走行距離と大きく違う場合には保険料が支払われない可能性がある。また、更新の際にもオドメーターなどが確認され、申告した距離と大きく異なるときには、追加の保険料を請求される場合がある。

予想走行距離をオーバーしたらどうなるのか

  • 【イラスト】’(走行距離割引)予想走行距離を超えそうな場合は早めに申告を

 もし、予想走行距離をオーバーしたらどうなるのか。この対応も保険会社によって異なるので注意が必要だ。変更手続きの要・不要、事故の際の保険金支払いの有無、更新時の追加保険料請求の有無など様々なので、事前に確認しておこう。反対に、実際の走行距離が予想距離より少ないことも考えられる。その場合、通常は保険料が戻らないが、次年度に繰り越して割り引くサービスを実施している会社もある。

 ライフスタイルにあった自動車保険を選ぶのは、お金に余裕をつくることにもつながる。手間を惜しまず比較・検討してほしい。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。