走行距離に応じた割引制度で保険料を安くする

 車を利用するのは普段の買い物ばかりで、年間で考えると大した距離を走行していないというケースがあります。このようなドライバーは、保険料の基準に年間走行距離を取り入れている自動車保険を利用すると、走行距離の短さに応じて保険料を安く抑えることができます。

走行距離が短いほど保険料が下がる

  • 【イラスト】注意点

 自動車を使う「頻度」とは別に、自動車の「走行距離」の積算を、「その人がどれくらいその車を使ったか」を計る尺度として考えることがあります。自動車を運転すればするほど(=走行距離が長いほど)、事故リスクは高くなるため、普段からあまり車を運転しないドライバーは日常的に車を利用しているドライバーと比べて不公平感を覚えることもあるのではないでしょうか。

 そんなドライバーにおすすめしたいのが、走行距離に応じた割引制度を用意する自動車保険です。最近ではダイレクト系の自動車保険会社で提供されており、3000km以上、5000km以上というように、年間の走行距離でドライバーを区分。走行距離が短いドライバーほど、保険料を安くすることができます。
【参考】A社の年間予定走行距離区分

3000km以下

買い物など日常の使用

3001km〜5000km

買い物やレジャーなどの使用

5001km〜10000km

買い物など日常の使用に加え、休日の使用

10001km〜15000km

買い物・休日の使用に加え、帰省などのロングドライブ

15001km以上

ほぼ毎日、長距離で使用


【参考】B社の年間走行距離に応じた保険料

3000km以下

13万1750円

5000km以下

13万9070円

7000km以下

14万5260円

9000km以下

15万7140円

11000km以下

16万4060円

16000km以下

19万2050円

無制限

19万9880円

(※マーチAK12/日常・レジャー使用/本人と家族に限定/車両保険なしの場合)
(※掲載している情報は2012年5月時点のものです)

申告した距離と実走行距離が違う場合

 走行距離による割引のある自動車保険では、年間走行距離を契約者自身が事前に予想し、契約時に申告します。この距離が短いほど保険料が下がるわけですが、問題なのは申告した距離と実際の走行距離が違った場合です。

  • 【イラスト】注意点

 もしも、実際の走行距離が申告したものより長くなりそうな場合には、それがわかった時点で自動車保険会社に連絡しましょう。事故の際には保険会社がオドメーターなどを確認するため、申告した走行距離と大きく違う場合には保険料が支払われない可能性があります。また、更新の際にもオドメーターなどが確認され、申告した距離と大きく異なるときには、追加の保険料を請求される場合があります。

走行距離の記録を元に保険料を請求する連動型自動車保険

 自動車保険会社のなかには走行距離を“実測”し、それに応じて保険料を設定するところもあります。これは、指定の車載端末(カーナビなど)で走行距離を常にチェックすることで可能となる「実走行距離連動型自動車保険」。契約者は毎月の基本料プラス実際の走行距離に応じた従量保険料を支払うことになり、走行距離が短いほど保険料を下げることができます。普段の移動にはほとんど電車を使っていて、休日などにたまのレジャーでしか車を使わない場合には、通常の任意保険より保険料を安く抑えることができるでしょう。

長距離を運転するドライバーは走行距離割引のない保険を

 走行距離に応じた割引制度とは真逆の考えで、どれだけの距離を走っても保険料が同じことをウリにしている自動車保険もあります。このような保険では、走行距離が保険料に反映されないため、毎日の通勤に車を利用しているようなドライバーは、こちらの自動車保険のほうがおトクなケースもあります。

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。