自動車保険は年払いがお得?メリットや保険料を節約する方法を解説

自動車保険は年払いがお得?メリットや保険料を節約する方法を解説

自動車保険の保険料は、一般的に月払い(分割払い)あるいは年払い(一括払い)のいずれかの支払い方法を選ぶことが可能です。では、自動車保険料を年払いにすると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

この記事では、自動車保険の2種類の支払い方法の違いや、年払いのメリット・デメリットのほか、保険料の節約方法についてご紹介します。

自動車保険の支払い方法は大きく2種類

自動車保険の支払い方法は、大きく分けると月払い(分割払い)年払い(一括払い)の2種類があります。まずは、自動車保険の2種類の支払い方法がどのようなものか見ていきましょう、

月払い(分割払い)

月払いは、自動車保険の年間保険料を12回に分け、毎月、1ヵ月相当分を支払う方法です。分割した場合は、年間保険料に分割手数料が上乗せされます。分割回数は保険会社によって異なり、初月のみ2ヵ月分を支払って11回になる場合もあるので、保険会社ごとに確認が必要です。

なお、月払いには、保険会社の月払いを使う方法と、クレジットカード会社の分割払い・リボルビング払い(リボ払い)を使う方法が用意されています。

年払い(一括払い)

年払いは、1年分の自動車保険の保険料を一括で支払う方法です。保険料をまとめて支払う年払いは、手数料が発生しません。

自動車保険の保険料を年払いにするメリット

自動車保険の保険料を年払い(一括払い)にすると、お得になる場合があります。ここでは、自動車保険の保険料を年払いにするメリットについて解説します。

保険料を節約できる

自動車保険を年払いにした場合、自動車保険料の総支払額は月払い(分割払い)より安くなります。なぜなら、まとめて支払うため、年間保険料に加算される分割手数料がかからないからです。

ちなみに、保険会社の月払いを選んだ場合の分割手数料は、年間保険料の5%程度です。

支払いの手間が少ない

自動車保険に年払いで加入した場合、支払いは契約した月に行います。次の支払いは1年後の同月になるため、支払いにかかる手間が少ないのはメリットといえるでしょう。

支払い方法の選択肢が多い

自動車保険を年払いにすると、月払いよりも支払い方法(決済方法)の選択肢が多い傾向があります。選択肢の数は保険会社によって異なるものの、銀行振込・振替クレジットカード払いのほか、コンビニ払いスマホ決済も選択可能です。一方、月払いの場合の選択肢は、クレジットカード払いか口座振替に限られているケースが多く見られます。

自動車保険の保険料を年払いにするデメリット

自動車保険の保険料を年払い(一括払い)にした場合、いくつか気をつけたいことがあります。続いては、自動車保険の保険料を年払いにするデメリットを解説します。

年に1度は多額の支出が発生する

自動車保険の保険料を年払いにするデメリットのひとつは、年に1度、多額の保険料を支払う必要に迫られることです。月払い(分割払い)に比べると支払い頻度は少ないものの、1回に支払う金額は高くなるため、保険料を支払うためのまとまったお金を用意しておく必要があります。

途中解約の場合は総支払額が高くなることがある

年払いで契約した自動車保険を途中解約すると、支払い済みの保険料は解約払戻金として返還されることになります。ただし、解約払戻金は「短期料率(短期率)」という係数にもとづいて算出されるため、返金額は、実際に支払った保険料より少なくなるのが一般的です。結果として年払いの総支払額が分割払いより高くなるケースも起こりうるので、注意が必要です。

また、返金する口座を指定するといった追加手続きが求められる場合もあります。

自動車保険の保険料を節約する方法

自動車保険の保険料を節約する方法

自動車保険の年払い(一括払い)は月払い(分割払い)よりお得ですが、年に1度の支出が大きくなるデメリットがあります。保険料を節約するには、支払い方法以外を見直すことも考えましょう。
最後に、自動車保険の保険料の節約方法についてご紹介します。

補償内容を見直す

自動車保険の保険料を節約するには、まず補償内容を見直すといいでしょう。保険加入時と比べて、自分のライフスタイルに合わなくなっている過剰な補償や重複する補償はないか不要な特約はないかなどを見直すことで、保険料を節約することが可能です。

年齢条件などを見直す

自動車保険は、運転者の年齢や補償対象となる運転者の範囲などに応じて保険料が決まります。保険加入時から変えていない「年齢条件」や「運転者の範囲」を正しく設定し直すことで、保険料の割引率が上がる可能性があり、保険料の節約につながります。

車両保険を見直す

事故に遭った自分の車の修理代などを補償する車両保険は、一般型と、補償を限定することで保険料を抑えられるエコノミー型の2種類に大別されます。

車両保険に加入している場合、一般型からエコノミー型に変更したり、免責金額(自己負担額)を高めに設定したりすると、保険料を抑えることができるでしょう。

保険会社を比較検討する

自動車保険の保険料は、代理店を通じて加入する代理店型と、インターネットや電話などで直接保険会社と契約するダイレクト型といった保険会社のタイプによって異なる場合があります。複数の保険会社に見積もりを出してもらい、比較検討することで保険料を節約できる可能性があります。

自動車保険の保険料を節約するには保険会社を比較検討しよう

自動車保険の年払い(一括払い)には、総支払額が月払い(分割払い)に比べて安いなどのメリットがあります。ただし、途中解約しにくいなどのデメリットもあるため、支払い方法の選択には注意が必要です。

また、支払い方法の選択以外にも、自動車保険の補償内容や適用条件を見直したり、保険会社を比較検討したりすることで、保険料を節約できる可能性があります。

オリコンでは、日本最大級の規模で調査を行い、毎年オリコン顧客満足度ランキングを発表しています。自動車保険の保険料や事故対応、加入者の年代など、さまざまな視点のランキングを確認できるので、ぜひ保険会社選びの参考にしてください。

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。