楽天証券、スマホでも“1クリック”で株式売買可能に!

楽天証券のスマホ向け株アプリ『iSPEED』に搭載される「エクスプレス注文」機能 [拡大する]

楽天証券のスマホ向け株アプリ『iSPEED』に搭載される「エクスプレス注文」機能

 楽天証券はこのほど、9月4日からPC版トレーディングツール「マーケットスピード」でアクティブトレーダーから好評を得ている「エクスプレス注文」機能を、スマートフォン向けの株アプリ「iSPEED」に搭載することを発表した。

 「エクスプレス注文」とは、最短ワンクリック・ワンタップで株式売買の発注が可能となる機能。同機能は、これまでFX(外国為替証拠金取引)などで使われていたもので、ネット証券では楽天証券が2013年9月に初めてPC版トレーディングツール「マーケットスピード」内に株式信用取引で取り入れている。

 今回、スマートフォン専用株アプリ「iSPEED」にも同機能を搭載することで、買気配や売気配、ティックチャートを見ながら最短ワンタップでの注文が可能となり、スマートフォンによる国内株式(現物・信用)の取引の利便性が向上する。

 また、信用取引の建玉残高に応じて発注時に信用新規/返済を判断して発注する「AS(オートセレクション)注文」もスマートフォンからの注文で利用可能となり、よりスピーディな発注を実現するとしている。なお、「iSPEED」での「エクスプレス注文」では、買気配・売気配の気配値とチャートの1秒更新に対応 (通常の「iSPEED」での株価情報、注文画面などでは5秒更新)。さらに、板やチャート画面から発注画面への遷移の改善や海外先物指数の情報が閲覧できるようになるなど、「iSPEED」に関する顧客からの要望を多数追加するとしている。

 さらに、「マーケットスピード」においても、信用取引のみに対応していた「エクスプレス注文」が現物取引でも利用可能になり、PC・スマートフォン、両ツールにおける取引環境が改善されるとしている。

>> <ランキング>重要度“大”!? 「手数料」で選ばれた【ネット証券】

>> 投資ビギナー必見! “誰でもわかる”株選びのポイントとは?

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。