加入率の低いペット保険に入っておくべき理由とは?

 ペットを飼っている人なら、病気になったときのことが心配なのではないでしょうか。健康保険に加入している人間とは違い、ペット保険への加入率は低いようです。しかし、いざというときに高額な医療費の支払いに困ってしまったり、治療をあきらめてしまったりしないようにするためにも、ペット保険への加入が推奨されています。ここでは、ペット保険に関する基本的な情報と、加入率などについてご紹介します。

ペット保険とは?

 まずは、ペット保険に加入することで、具体的にどんな補償を受けられるのかを見ていきましょう。また、未加入の場合の医療費との差についてもご紹介します。

■ペット保険の補償範囲

 ペット保険は、毎月一定の保険料を支払うことで、ペットが病気やケガをした際の通院・手術・入院などにかかった費用をカバーしてくれます。補償の割合は、70%のプランと50%のプランが多くなっています。例えば、ペットの医療費として20万円の費用が発生した場合、70%プランであれば14万円、50%プランであれば10万円が補償されます。補償範囲は特約などによって変動するため、加入前に比較・検討することが大切です。なお、ペットの年齢によって保険料が変わる場合も多いので、ペットの平均寿命を考えてトータルで判断しましょう。

■未加入の場合の医療費は……

 ペット保険に未加入の場合、医療費はすべて自己負担となります。犬や猫をはじめ、ペットの医療費は高額であるという意見も多く、長期的な通院や入院、大きな手術などが必要となると、経済的負担も大きくなってしまいます。

 ペットの中でも代表的な犬・猫の場合、手術や入院の費用に5万円から数十万円、皮膚病などで何回か通院が必要となる場合は、1回の通院だけでも数千円から1万円かかる場合があります。そうなると、総額はかなりの金額となるでしょう。

■個人賠償をカバーする保険商品も

 ペット保険の中には、動物病院で発生した医療費以外を補償対象としているものがあります。例えば、ペットが他人に噛みつくなどしてケガをさせてしまった場合や、他人の物を壊した場合の個人賠償を補償してくれるというものです。ほかにも、ペットに車椅子が必要となった場合、車椅子の費用を補償してくれるものや、ペットセレモニーに必要な費用を補償してくれる保険もあります。

ペット保険の加入率

 日本におけるペット保険の加入率は、近年は徐々に増加しているものの、欧米と比較すると低いとされています。どれくらいの差があるのか、また、なぜ加入率が低いのかということを見ていきましょう。

■欧米との加入率の差

 ペット保険の加入率ですが、イギリスではおよそ20%が加入しているようです。一方で、日本におけるペット保険への加入率は4%程度と、非常に低くなっています(2013年6月、日本経済新聞より)。

 日本のペット保険加入率の低さの原因としては、ペットを家族の一員として扱う意識の低さがあるという指摘があります。欧米では室内飼育や栄養バランスの良い食事、日々の運動、定期的な動物病院での健康診断など、ペットを大切に扱う意識がとても高いのです。日本ではまだこのような意識が低く、人間と同じように保険に加入させる選択肢を持つ人も少ないと考えられています。

ペット保険を検討する際のチェックポイントは?

 初めてペット保険への加入を検討するとなると、保険会社の多さや加入すべきプランや特約などに悩んでしまう人も少なくないと思います。ここでは、加入先を決める際に最低限チェックすべきポイントを見ていきましょう。

■補償対象を確認

 基本的に、補償対象は動物病院における通院や手術、入院にかかる費用です。上記でご紹介したように、特約により、医療費以外の補償もつけることができます。

 なお「ワクチン予防接種」や「不妊・去勢手術」といった健康体に施す医療にかかる費用は、補償範囲外となるので注意しましょう。

■通院日数制限や支払い上限は?

 ペット保険には、通院日数の制限や支払い金額に上限がある商品も多いのが特徴です。病気やケガによっては長期的な通院が必要となる場合、保険でカバーしても高額になってしまうケースがあります。どの保険に加入すれば将来の不安を払拭できるのかを比較・検討してみることも大切です。

■免責事項に注意

 ペット保険には、免責が発生することがあります。免責というのは、特定の病気やケガが補償対象外となり、その傷病による医療費に関しては保険金が支払われないというものです。一般的に、過去に治療歴のある病気や先天的な病気も、補償対象外となります。さらに、加入後にかかった傷病が、次年度からは対象外の傷病として免責になるケースもあります。

■ペットの年齢による掛け金の変化は?

 ペット保険は、ペットの年齢が高くなるにつれて高額になるケースが多くなります。動物も人間と同様に、高齢であるほど大きな病気にかかるリスクが高くなるためです。加齢とともに掛け金がどう変化していくのか、シミュレーションしてみることをおすすめします。

加入率が低くても、一度ペット保険の加入検討を

 周囲のペット保険への加入率が低いからといって、加入しなくてもよいというわけではありません。少額の保険料で最低限の補償をしてくれる保険商品もあるため、ペットの将来のことや医療費面で不安がある人は、加入を検討してみてはいかがでしょうか?
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。