自動車保険、支払い続けるのは「無駄」? 加入する意味とは

決して安くはない自動車保険料……支払い続けるのは「無駄」? それとも「無駄ではない」? [拡大する]

決して安くはない自動車保険料……支払い続けるのは「無駄」? それとも「無駄ではない」?

 車を持つ人の大半が加入する「任意保険(自動車保険)」。加入者であっても、契約の内容や必要性を詳しく理解している人は少ない。そのため、長く支払い続けることに「無駄なのでは?」と感じてしまう人もいるはずだ。今回は、任意保険の必要性に触れながら、保険料を支払い続けるのが「無駄」か「否か」をわかりやすく解説したい。

■任意保険の意味

 大抵の人がご存知だろうが、自動車を持つ人は「自賠責保険(自動車賠償責任保険)」への加入が義務付けられている。これは事故被害者の最低限の救済を目的とした保険で、保険金が支払われるのは、相手の死亡やケガに対してのみだ。それも補償内容は、傷害(ケガの治療)の場合、被害者1人につき自賠責対象の治療については120万円まで、死亡の場合は1人につき3000万円まで、後遺障害による損害は1人につき4000万円までと定められている。

 一方、任意保険と呼ばれている「自動車保険」は、自賠責保険では不足する補償面をカバーすることを目的とした保険。自分自身の死亡やケガ、車の修理費用なども対象に含まれる。補償内容も対人や対物の賠償保険を無制限にできるのだ。つまり、自賠責が“最低限の他人のための保険”で、任意保険は“他人のための保険+自分のための保険”といえる。

■保険料を支払い続けるのは無駄か?

 とはいえ、「事故に遭わなければ、保険料の支払いは無駄」と感じてしまう人も正直いるだろう。確かに、そういう考えもある。だが、それは事故が起きなかった時の結果論でしかない。

 実際の人身事故による交通事故の判例では、3億円以上の認定損害額が出ることもある。当然、自賠責だけではまかなえないどころか、一生働いても支払えない金額が課せられる可能性もあるのだ。

 任意保険は車を運転するうえで、自分や家族を守るためのもの。それだけでなく、他人をケガさせたり、他人の車や建築物などを損壊した場合でも、相手に十分な賠償ができる。任意保険への加入は車を所有する人の必要最低限の責任といえるだろう。

 結論として、車を運転する人は、誰しも事故などの“リスク”を負っているわけで、任意保険に入ることにデメリット自体は「ない」。ちなみに、2014年11月末の毎日新聞の調査によると、人身傷害補償保険の付帯率は89.1%、対物保険金額無制限の付帯率は92.4%となっている。

取材協力:ファイナンシャルプランナー/FP技能士2級 
東京サンコー株式会社代表取締役 長島良介氏

取材・文:寺本亜紀

>>■自動車保険の比較・検討に!
<ベスト19>オリコン自動車保険ランキング


■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。