初の運転&新車だから補償は厚く! タイプの自動車保険選びのポイント

初の運転&新車だから補償は厚く!タイプの自動車保険選びのポイント

補償を厚くするならコストは気にしない

 みなさん、新車に乗るときは特に注意して運転したりしませんか? 新車は大事に乗る人が多いからでしょうか、多くの自動車保険会社で新車だと割引が受けられる「新車割引」が用意されています。覚えておいて損はないでしょう。また、車種によっては「エコカー割引」が受けられる場合もあります。

 “とにかく補償を厚く”というのであれば、保険金額を上限まで上げたり、車両保険を付けたり、弁護士費用特約などさまざまな特約を付けるという方法が考えられます。

 特約の中には、自動車事故以外でのケガまで補償するものもあるので、生活シーンと照らし合わせて選択するといいでしょう。

初の運転&新車だから補償は厚く!タイプが忘れずにチェックしたいポイント

・新車割引
 初度登録年月が指定の期日(多くの場合25ヶ月)内の場合に、保険料の割引を適用するもの。新車は、そのほかの自動車と比べ事故リスクが低いため。

・エコカー割引
 契約自動車がハイブリッド車や電気自動車などの低公害車の場合に、保険料を割引するもの。自動車保険会社の環境問題への取り組みとしてスタートした。対象となる範囲は保険会社ごとに異なる。
ファイナンシャルプランナー・横川由理
 FPエージェンシー代表。 FP資格取得講座をはじめ、マネーセミナー、執筆など幅広く活動。 著書に『最新FP技能士3級 合格完全ガイド』(日本文芸社)、『50歳から役に立つ「お金のマル得術」』(宝島社)、『よい保険・悪い保険2013年版』(宝島社)などがある。
<HP>http://fp-agency.com/(外部リンク)

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。