優待王・桐谷氏が一番困る優待品とは? ぜい沢な“悩み”告白

優待王・桐谷氏が一番困る優待品を紹介 その商品とは… (C)oricon ME inc. [拡大する]

優待王・桐谷氏が一番困る優待品を紹介 その商品とは… (C)oricon ME inc.

 優待生活でブレイクし、テレビやイベントに引っ張りだこの“桐谷さん”こと桐谷広人氏が7日、東海東京証券主催の「乙女のお財布セミナー」に登壇。口座を持つ女性限定で行われた同セミナーでは、自身が最初に購入した銘柄のほか、もらって一番困る優待品についても明かした。果たしてその理由とは…。

■最初に購入した株主優待は?

 セミナーでは、クイズ形式で問題が出題され、「桐谷さんが初めて購入した優待銘柄」などヒントを交えて参加者が答える流れで行われた。

 同問題の答えは「にっかつ」で、現在は日活となっているが、桐谷氏が購入したときは「にっかつ」だった。桐谷氏いわく「当時は値上がりを狙う人ばかりで、優待や配当狙いは少なかった。また、当時の株の多くが100万円以上していたが、にっかつは安く、石原裕次郎さんや浅丘ルリ子さんなど、人気の俳優さんが多く出ていたので、そんな映画が観られたらいいとの思いで購入した」という。

 ちなみに、同優待は直営の映画館でしか利用できなかったこともあり、近所に直営映画館がなかった同氏は、優待券を使うことなく終えたそうだ。初期の優待については、使い勝手が悪かったものも多かったとしている。

■もらって一番困る優待は?

 また、桐谷氏がもらって一番困る優待にも言及。答えは「お米」で、一人暮らしということもあり、優待でたくさん届いても食べきれないことが理由だ。

 優待日本一になろうと優待銘柄を購入し続けていたら、「お米」を優待品として採用している企業が多いため、秋になると大量のお米が届けられることになったとのこと。人にあげようとしても、重いので宅急便で送るとお金がかかり、困ってしまう優待品だという。ある意味、ぜい沢な悩みともいえるだろう。

>> 桐谷さんが選ぶ! 持っててよかった「優待ベスト3」

>> 実際の利用者が選んだ! 【ネット証券】ベスト10

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。