終身保険

  • 終身保険

 終身保険とは、生命保険の中でも特に契約期間が定められておらず、存命の間(一生涯)保障が続くものを指します。被保険者(保険対象者)が死亡、あるいは高度障害を負ったときに保険金を受け取ることができます。
 基本的に「死亡」に備える保険ですが、さまざまな特約(=本契約にオプションとして付加できる保障)と組み合わせて、それぞれにあったオリジナルの保険にすることが可能です。

定期保険と終身保険の違い

 保険は大きく定期保険と終身保険に分けることができます。
 定期保険は、

○定期保険
・保険料が格安
・更新の度に保険料が上がっていく
・掛け捨て(=契約終了時、支払った保険料は返還されない)である
・支払い(更新)をやめれば契約は終了する


以上が重要なポイントとしてあげられます。
一方、終身保険は

○終身保険
・定期保険よりも支払額は割高
・保険料払込期間の支払い額が一定である
・一定の保険料を支払えば保障期間が一生涯続く
・解約すれば納金額が返ってくる(解約返戻金)
・保険料支払い後の契約期間が長ければ長いほど返戻金の額はあがっていく


などがあげられます。

 解約返戻金があがるのは終身保険の大きなメリットではないでしょうか。
ただしこれは保険料を全額支払っている場合に限りますのでお気をつけください。保険料が全額払い終わっていない期間に中途解約すると、解約返戻金は支払額に満たない金額であることが多いです。これに関しては各社ルールが異なりますので契約時にご確認ください。

終身保険でできること

 終身保険は貯蓄性が高いため、全額支払いを終えれば年金保険や医療保険、介護保険といったほかの生命保険に切り替えることができます。また、ほかにも

・一定期間年金として保険金が支払われる「収入保障特約」
・がん、急性心筋梗塞、脳卒中に保険金が支払われる「三大特定疾病特約」
・不慮の事故や法定・指定伝染病による死亡・高度障害に死亡保険金が上乗せされる「災害死亡割増特約」
・特定の手術に適用される手術特約、先進医療を受けた際に適用される「先進医療特約」


などがあります。

 終身保険は生命保険以外にも、教育資金の保険である「学資保険」と同様の機能を果たします。進級、進学などまとまったお金が必要になる場面に向けて教育資金を貯めることに加え、親に万一のことがあった場合にも保険金が支払われます。
 そのほか終身保険には定期保険を特約に据えた「定期付終身保険」などがあります。これは90年代にかけて普及した保険ですが、00年代はやや下火でした。しかし近年、再び各保険会社から主力商品として販売され始め、再び注目を集めています。

終身保険の支払い方法

 終身保険の支払い方法は以下3つに分けられます。

・「一時払い」・・・全額を一度にまとめて支払う方法。一括払い。
・「分割払い」・・・保険料を分割してひと月ごと(分割払い)、1年ごと(1年払い)に支払う方法。10、15、20年など年数を定めたり、60歳まで、65歳まで、など年齢を指定して期間を定められます。
・「全納前期払い」・・・一度にまとめて全額を納入し、保険会社が契約者になり代わって月払い・年払いを行う方法。全納前期払いの場合、一時払いと違って保険適応時に保険金だけでなく未経過分の保険料も戻ってくる仕組みです。

 貯蓄性の高い終身保険は、終身死亡保険として大きな安心をもたらしてくれます。さらに、死亡保険としてだけでなく、さまざまな費用に生かすことができるのも嬉しいですね。定期保険とうまく組み合わせて、安心の生活を手に入れましょう。