最新2019年 バイク保険ランキング

調査・認定結果 満足度ランキング

2位

三井住友海上火災保険

72.93

故障した際に、迅速に対応して貰い心強いところがある。(50代/男性)

3位

損保ジャパン日本興亜

72.49

代理店が良いところだったので、事故の対応が早く、相談すると的確に答えてもらえる。(40代/男性)

4位

東京海上日動火災保険

72.41

相手と一回も接触せずにこちらの意向通りに話を進め円満解決した(60代以上/男性)

6位

あいおいニッセイ同和損害保険

71.87

事故時のレッカーの手配が早かった。担当者が親身である。(30代/男性)

7位

アクサ損害保険(アクサダイレクト)

71.71

ネットでほとんどの申し込みが完結する。(50代/男性)

バイク保険の顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP ランキングTOP
評価項目別 加入・更新手続き 商品内容の充実度 保険料 事故対応 調査・認定結果 受取額・支払いスピード ロードサービス
年代別 30代 40代 50代 60代

バイク保険 利用者3,808人が重視した項目

加入・更新手続き
24.7%
保険料
21.09%
ロードサービス
17.41%
商品内容の充実度
11.89%
事故対応
11.04%
受取額・支払いスピード
7.75%
調査・認定結果
6.13%

重視項目とはユーザーが、商品やサービスを利用・選定する際に重要視した項目を調査したデータです。数字の大きい項目ほど、重要視している結果となります。

調査データのご提供 顧客満足度ランキング作成時に調査した、集計データ・調査レポートごご提供いたします。

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

2015年度オリコン顧客満足度ランキング
モニター会員に登録してオリコンランキングに参加しよう!
オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
3,808

このバイク保険ランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

ジャンル・ランキング定義
調査詳細について

ランキングの対象について

第1階層:保険・金融業
第2階層:損害保険業
第3階層:損害保険
ランキング階層:バイク保険

※総務省告示として制定された『日本標準産業分類』を基礎にOCSが独自に細分化した業界階層です。

調査概要

事前調査
2018/06/27〜2018/09/06
更新日
2019/01/04
サンプル数
3,808人(調査時サンプル数4,127人)
規定人数
100人以上
調査企業数
10社
定義
バイクの利用において発生する損害を補償する損害保険のこと。広義でのバイク保険は「強制保険(自賠責保険)」「任意保険」の2種類あるが、
「強制保険(自賠責保険)」は加入が義務付けられておりユーザーが選べる保険商品もないため、本ランキングでは「任意保険」をバイク保険と定義する。
また、「自動車保険のバイクの補償に関する特約」はバイク保険には当たらないこととする。
調査期間
2018/09/07〜2018/09/18
2017/08/09〜2017/08/24
2016/08/18〜2016/08/29
調査対象者
性別:指定なし 年齢:18歳以上 地域:全国 条件:過去5年以内に自分が運転していてバイク保険を適用したことがあり、かつ、バイク保険へ加入する際に選定に関与した人

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れたサンプルを除外した上で作成しています。
※N≧100を基準として企業を抽出し、その中で最も回答者数の少ない企業の回答者数の90%以上をランクイン対象及び規定人数とします。
※ランキングTOPにランクインしている企業が、部門別ランキングにおいて規定人数未達によりランクインしない場合がございます。
※部門別ランキングは、規定人数未達によりランキングを発表しない場合がございます。
≫ 詳細はこちら

設問内容 アンケート調査を実施した際の質問事項です。満足度評価項目のほか、該当サービスの利用状況や検討内容を質問しています。

調査企業

過去ランキング

推奨意向

継続意向