“株で2億円”ウルフ村田氏が教える「いい会社の見分け方」

テレビ番組でも話題の女性デイトレーダー・ウルフ村田氏が「いい会社の見分け方」を熱弁! (C)oricon ME inc. [拡大する]

テレビ番組でも話題の女性デイトレーダー・ウルフ村田氏が「いい会社の見分け方」を熱弁! (C)oricon ME inc.

 東大を首席で卒業、元キャバ嬢という異色の経歴を持つデイトレーダー“ウルフ村田”こと村田美夏氏が先日、大阪で開催された個人投資家向けIRイベントで基調講演を行った。年収2億円を稼ぐ敏腕ぶりと、包み隠さず体験談を語る気さくなキャラクターがテレビでも話題の同氏だが、この日は詰めかけた大勢の前で“いい会社の見分け方”を紹介。「有名ファンドや大口投資家の動向チェックは有効」など、デイトレーダーならではの視点で持論を熱弁した。

 村田氏は「デイトレをするにも銘柄選びは重要」としたうえで、「株は人気がないとダメ」と断言。良い商品やサービスを提供していても、PRが足りない企業は「結局何をしているのか分からない」といい、投資家が集まりにくいとした。

 また、“企業情報の集めやすさ”をキーワードに挙げ、IRイベントに積極的に参加する企業は「個人投資家を大切にしている」と評価。ほかにも、短期的に売買するデイトレーダーにとって、ホームページ上での「月次IR」開示や、今後の展望などを細かくチェックできるかどうかも重要と語った。

 さらに「高額投資家が今注目している企業がどこかを知る」こともいい会社を見分ける手立てになると解説し、有名ファンドや大型投資家がどんな銘柄を買っているかを調べ、真似をすることも有効と持論を展開。自身についても「真似だけで稼いだ」と会場の笑いを誘ったが、大型投資家が保有している上位10銘柄や各企業の大量保有報告書は「とても参考になる」と念押ししていた。

>>デイトレードするなら、ここ!
『顧客満足度の高いネット証券ランキング』

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。