優待王・桐谷氏、“人生最大の失敗”激白「救ってくれたのは…」

桐谷さん史上最大の危機を救ったのは「優待」ではなく「家族」だった…? [拡大する]

桐谷さん史上最大の危機を救ったのは「優待」ではなく「家族」だった…?

 株主優待生活で引っ張りだこの“桐谷さん”こと桐谷広人氏が17日、『日経マネー30周年記念 特別シンポジウム』に登壇した。当日は「クラッシュで死にかけた私を救った優待投資」をテーマに、“人生最大の失敗”を激白し、大勢の聴衆を魅了した。

 桐谷氏が生活費に困ったときに、優待でもらったお米や缶詰などで救われたことは周知の事実。だが、実は信用取引でマイナスが膨らみ、本当に金銭面で地獄を見たときがあったという。

 そもそも、株はプロ棋士時代に付き合いで始めたそうで、「始めた当初はどんどん儲かった。それでのめり込んでいった。その後、現物取引では飽き足らず、自分の株券を担保に信用取引までするようになった」と当時を回顧。だが、ライブドア事件やサブプライムローン問題などが直撃し、信用取引のマイナスは大きくなっていったという。2008年には首が回らなくなり、消費者金融に駆け込もうかとも思ったそうだ。そんなときに手を差し伸べたのが「妹」だ。相談したところ「翌日に300万円を振り込んでくれて助かった」とした。

 ピーク時に3億円あった時価総額は1億3000万円まで減り、「もう信用取引はやらない」と誓ったが、2008年3月中旬に株価が反転したことをきっかけに、また信用取引を始めてしまった桐谷氏。一旦は2000万円ほど取り戻したそうだが、6月ごろ株価の動きが鈍くなり、9月15日にリーマン・ブラザーズが破たんした。

 「10月には信用取引でのマイナスが5000万円となり、もう目の前が真っ暗になった」と“人生最大の失敗”を迎えることに。だが、ここでも桐谷氏は家族に救われる。高齢の父親に会うため、広島県竹原市の実家に帰った際に、父親に「株をやったのが人生最大の失敗だった」と懺悔した。それに対して父親は「お前の失敗は株で失敗したことじゃない。結婚せんかったことだ」と返して、お金の工面を約束したという。

 桐谷氏は「父親が年金などで積立てて貯めていた三千数百万円を損失にあてて、生き延びることができた」と父親に感謝し、「私を救ってくれたのは優待投資というより、父親のおかげですね」としみじみ語っていた。

>> ビギナーでも簡単取引! 「サイトのわかりやすさ」で人気の【ネット証券】

>> “株主王”桐谷さん、投資に役立つ「4つの格言」 ビギナーに向け指南

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。