外貨預金の顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP ランキングTOP
評価項目別 通貨ペア、発注方法 取引のしやすさ 分析ツール 提供情報 問い合わせのしやすさ 利便性 キャンペーン 取引手数料 優遇サービス システムの安定性
男女別 男性 女性
年代別 30代 40代 50代 60代以上
商品別 定期預金 積立預金
デバイス別 PC スマートフォン

60代以上 満足度ランキング

1位

70.52

セミナーのお知らせがあり、参考になる話が聞けました。とても、勉強になりました。また、連絡をすると、運用に関する相談にも応じてもらうことができ、丁寧な対応でした。(60代以上/男性)

2位

69.45

オーストラリアやアメリカに行った際に、現地でそれぞれオーストラリアドルや米ドルの普通口座からカードで直接引き出したり、決済出来たこと。(60代以上/男性)

3位

67.94

現物での為替取引が指値オンラインで24H365Dできるのは、ここしかないように思う。またセキュリティも多重認証を取り入れていて盤石と思われる。(60代以上/男性)

4位

66.64

ネット上の取り引きはとてもスムーズでやり易い。店頭での取り引きは大変丁寧で、説明もよくわかり、適切である。(60代以上/女性)

5位

66.56

大和証券との連携があり、取引のしやすさ、アドバイスも受け易い。(60代以上/女性)

6位

66.52

口座を保有していると購入売却時のレートが他社より優遇されること。(60代以上/男性)

7位

66.44

1か月に500円相当からの外貨積み立てなので気軽に始められ、銀行のステージ制(円預金優遇金利)のポイントにもなるので良い。(60代以上/女性)

9位

66.02

月一回程度の売り買いだがこれまで一度も問題なく大変スムースに利用できている。(60代以上/男性)

10位

64.99

何かの満期日がくるので、次の運用が、時期を損なうことなく、商品の案内がある。(60代以上/男性)

外貨預金 利用者4,948人が重視した項目

取引手数料
16.38%
システムの安定性
16.1%
通貨ペア、発注方法
16.08%
優遇サービス
11.57%
キャンペーン
10.12%
利便性
8.86%
取引のしやすさ
8.5%
問い合わせのしやすさ
4.53%
提供情報
4.49%
分析ツール
3.35%

重視項目とはユーザーが、商品やサービスを利用・選定する際に重要視した項目を調査したデータです。数字の大きい項目ほど、重要視している結果となります。

おすすめの外貨預金 60代以上ランキングまとめ

  1. 1位 ソニー銀行 70.52点
  2. 2位 SMBC信託銀行プレスティア 69.45点
  3. 3位 住信SBIネット銀行 67.94点
  4. 4位 新生銀行 66.64点
  5. 5位 大和ネクスト銀行 66.56点
  6. 6位 三菱UFJ銀行 66.52点
  7. 7位 イオン銀行 66.44点
  8. 8位 三井住友信託銀行 66.29点
  9. 9位 楽天銀行 66.02点
  10. 10位 三井住友銀行 64.99点
調査データのご提供 顧客満足度ランキング作成時に調査した、集計データ・調査レポートごご提供いたします。

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

2015年度オリコン顧客満足度ランキング
モニター会員に登録してオリコンランキングに参加しよう!
オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
4,948

この外貨預金ランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

ジャンル・ランキング定義
調査詳細について

調査概要

事前調査
2019/10/11〜2020/02/25
更新日
2020/06/01
サンプル数
4,948人(調査時サンプル数5,372人)
規定人数
100人以上
調査企業数
93社
定義
外貨預金を扱う銀行
調査期間
2020/02/26〜2020/03/09
調査対象者
性別:指定なし 年齢:20歳以上 地域:全国 条件:1年に1回以上、外貨の購入や売却をしている人

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れた回答を除外した上で作成しています。
※「ランキングTOP」、「評価項目別」、部門の「業態別」においては有効回答者数が規定人数を満たした企業のみランクイン対象となります。その他の部門においては有効回答者数が規定人数の半数以上の企業がランクイン対象となります。
≫ 詳細はこちら

設問内容 アンケート調査を実施した際の質問事項です。満足度評価項目のほか、該当サービスの利用状況や検討内容を質問しています。

調査企業

推奨意向

継続意向