Q.事故が起きた場合、どれくらい費用がかかるの?

【A】
 万が一に備えて入っておくのが自動車保険。補償が不十分では困る。特に人身・物損事故では、相手方の被害によっては賠償額が高額になるケースも。時には数億円にものぼるということを覚えておこう。ちなみに人身事故の最高賠償金額は5億2,853万円、物損事故の最高賠償額は2億6,135万円の支払いを命じられたことがある。

◆交通事故高額賠償判決例(人身事故)
・認定総損害額/5億2,853万円
・裁判所/横浜地裁
・判決日/H23.11.1
・被害者の性別・年齢・職業/男・41歳・眼科開業医
・被害態様/死亡
・認定総損害額/3億9,725万円
・裁判所/横浜地裁
・判決年月日/H23.12.27
・被害者の性別・年齢・職業/男・21歳・大学生
・被害態様/後遺障害
・認定総損害額/3億8,281万円
・裁判所/名古屋地裁
・判決年月日/H17.5.17
・被害者の性別・年齢・職業/男・29歳・会社員
・被害態様/後遺障害
・認定総損害額/3億7,886万円
・裁判所/大阪地裁
・判決年月日/H19.4.10
・被害者の性別・年齢・職業/男・23歳・会社員
・被害態様/後遺障害
・認定総損害額/3億6,750万円
・裁判所/大阪地裁
・判決年月日/H18.6.21
・被害者の性別・年齢・職業/男・38歳・開業医
・被害態様/死亡
・認定総損害額/3億5,978万円
・裁判所/東京地裁
・判決年月日/H16.6.29
・被害者の性別・年齢・職業/男・25歳・大学研究科在籍
・被害態様/後遺障害
(出典)損害保険料率算出機構「2016年度 自動車保険の概況」
           

◆交通事故高額賠償判決例(物損事故)
・認定総損害額/2億6,135万円
・裁判所/神戸地裁
・判決日/H10.10.26
・被害物件/積荷(呉服・洋服・毛布)
・認定総損害額/1億3,580万円
・裁判所/東京地裁
・判決日/H8.7.17
・被害物件/店舗(パチンコ店)
・認定総損害額/1億2,036円
・裁判所/福岡地裁
・判決日/S55.7.18
・被害物件/電車・路線・家屋
・認定総損害額/1億1,347万円
・裁判所/千葉地裁
・判決日/H10.10.26
・被害物件/電車
 物損事故では、損傷物が高額だった場合に賠償額が高くなるのはもちろん、損傷物が店舗だった場合は、店舗自体の損害に加え、商品や休業にあたって発生する損失分の補償も含まれるため、高額になることがある。また人身事故の賠償金にも、慰謝料や治療費、その間の休業補償だけでなく、死亡・後遺障害がなければ得られたであろう“逸失利益”などが含まれる。

 このように、賠償額が高額になってしまうケースがあることから、任意自動車保険の「対人賠償保険」や「対物賠償保険」には、金額の上限がなく無制限で保険金が支払われるプランも用意されている。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。