示談交渉の際に本領を発揮する弁護士特約とは?

 任意の自動車保険に付けることができる「弁護士特約」。この特約は、弁護士費用特約ともいわれており、交通事故に遭ったとき、相手との交渉窓口として弁護士を立てる際の費用や、法律相談をした際の費用をカバーするものです。ここでは、弁護士特約の概要と、具体的にどのようなケースで役立つかをご紹介していきます。

保険会社による補償内容の差はほとんどない

 交通事故の際に自分で弁護士に依頼しようとしても、連絡などにかかる労力だけでなく、高額な弁護士費用がネックとなってきます。結果的に依頼を躊躇してしまい、相手から十分な補償を受けられないケースもあります。このような場合、弁護士特約を契約していれば弁護士費用がある程度カバーできますから、金額を気にすることなく依頼できます。つまり、法律のプロの助けを借りたいときに役立つ特約ということです。

 弁護士特約を検討する上でチェックしておきたいのは、保険料と補償金額です。各保険会社ともに年間2000〜3000円程度で契約することができます。また、各保険会社とも弁護士費用等300万円まで、法律相談費用10万円までなど、補償内容にほとんど差はありません。ただし、弁護士の紹介の有無など、細かい点で対応が分かれるため、事前に保険会社に確認してください。

 この保険料を高いと思うか安いと思うかは、人それぞれです。しかし、弁護士費用が100万円程度になる場合もあることを考えると、最低限の支出で十分な金額をカバーしているといえます。

弁護士特約が本領を発揮するケースとは

 弁護士がいなくても「示談交渉は保険会社が行ってくれるから必要ないのでは?」と考えて、弁護士特約を付けない人も多いようです。しかし、役立つケースは多々あります。次に具体例を見ていきましょう。

■加害者の過失が100%となる「もらい事故」などの場合

 信号待ちで追突された場合など、相手への賠償が発生しない10対0の事故では、保険会社が示談交渉を代行できないことになっています。即ち、示談交渉を自分で行う必要があるのです。加害者が納得のいく金額を支払えば問題はありませんが、過失を認めずに交渉が決裂した場合は、自分に過失がないにもかかわらず、余計な手続きを強いられることになってしまいます。このような場合に特約を契約していれば、費用を心配することなく弁護士に依頼をすることが可能になります。

■交通事故において、加害者が任意保険未加入だった場合

 ケースバイケースですが、相手が任意保険に加入していない場合は、損害賠償請求をしても相応の金額が支払われる可能性は低くなります。任意保険に入っていないドライバーが少なからず存在することを考えれば、泣き寝入りをしないためにも、弁護士への依頼が必要になるケースも想定しておかなければなりません。このような場合でも特約が役立ちます。

 上記以外の場合でも、加害者が決まった示談金を払わないといったケースや、保険会社の示談交渉に納得がいかないなど、弁護士の依頼が必要になるさまざまな場面で特約を活用することが可能です。もちろん、弁護士への依頼が損害賠償額や慰謝料の増額につながることは、いうまでもありません。

 また、弁護士がいない状態で裁判まで発展した場合には、裁判所が開廷している平日の日中に、自分が仕事を休んで対応するか、自費で弁護士を雇って争うことになります。自分で裁判所に出向く労力も大変ですが、自費で弁護士を雇った場合は、たとえ相手から賠償金を得たとしても、金額的にマイナスになる可能性があります。ですから、そういう場合に備えて弁護士特約に加入することは、決して無駄ではないはずです。

弁護士特約の特徴と注意点

 弁護士特約の特徴や注意すべき点について見ていきましょう。

■特約を使っても等級に影響はない

 自動車保険の適用が等級に影響するのは、対人・対物・車両保険に限られます。したがって、弁護士特約を使用しても、翌年の保険料が上がるようなことはありません。

■1台に特約を付帯させることで、家族全員をカバーできる

 所有する車のうち、1台でも弁護士特約に入っていれば、ほかの車に乗っていたとしても保険は適用されます。補償対象者は記名被保険者の家族まで適用されますので、広い範囲にわたってカバーすることができます。

■他の保険と重複していないかをチェック

 上記のように、所有するすべての自動車の保険に弁護士特約を付けても無駄になりますので注意しましょう。また、弁護士特約は、火災保険や傷害保険の特約としても販売されています。重複して契約している場合も、二重に保険金が支払われるということはありません。契約を検討する際は、すでに自分が加入している保険に付帯されていないかどうかをチェックしましょう。

みずから行動することで、初めてメリットが得られる弁護士特約

 弁護士特約のメリットや注意点についてご紹介してきました。本特約は、みずから弁護士に依頼することを決断し、弁護士費用が発生することで初めて活用できます。加入していれば、いつでも弁護士に依頼できるという安心感を得ることができるでしょう。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。