【自動車保険ガイド】代理店系orダイレクト系? 抑えておきたいメリット&デメリット

代理店系・ダイレクト系……自動車保険を選ぶ際は、まずはそれぞれの特徴をきっちり頭に入れておこう [拡大する]

代理店系・ダイレクト系……自動車保険を選ぶ際は、まずはそれぞれの特徴をきっちり頭に入れておこう

 自動車保険会社は、「代理店系」と「ダイレクト系」の2つに大きくわけられる。代理店系とは、保険を専門で扱う店・個人のことで、自動車ディーラーや車の整備工場が兼ねているケースもある。一方のダイレクト系は、別名「通販型自動車保険」。インターネットや電話を通じて加入することができ、ここ数年で大幅に市場を拡大してきた。自動車保険の加入を考えた時に、最初の選択肢となるこの2つ。それぞれのメリットとデメリットを見ていこう。

■サポートがきめ細かく手厚い「代理店系自動車保険」

 代理店系のメリットは、経験豊富なベテランスタッフにすべて任せられる点だ。保険の知識がなくても最適なプランを見つけてもらえる上、付き合いが長くなり互いの理解が深まれば、契約者個人の事情に合わせたきめ細かいサポートも期待できる。

 デメリットは、代理店手数料が発生する関係から、保険料が割高になるということ。また、代理店にもランクがあり、個人で業務を行っているところも多いため、良し悪しの幅は広い。見極めが大変だということを覚えておこう。

■節約に直結!保険料が安く利便性も高い「ダイレクト系自動車保険」

 中間マージンがなく直接契約で、店舗家賃や人件費などを抑えられるダイレクト系の最大のメリットは、保険料の安さ。また、ネットや電話で気軽に見積もりをとり、各社を比較検討できる利便性もメリットのひとつといえる。

 デメリットは、自分で補償を選択しなければならないため、保険に関する知識が必要になるということ。深い専門知識まで必要になるわけではないので、ネット等を利用して基礎知識を身に付けておくことが、より自分に合った保険選びに直結するといえる。

 異なる強みをもつ代理店系とダイレクト系。保険料は高くてもすべて任せてしまいたいか? 自分で考えてムダを省き、保険料を抑えたいか? 自動車保険を選ぶ際は、それぞれの特徴をきっちり頭に入れてから、自身の車の利用頻度や経済負担などを考慮し、希望とすり合わせておくことが大切だ。

>>実際に利用したドライバーが選ぶ自動車保険会社!
2014年度・顧客満足度の高い自動車保険ベスト18

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。