【交通事故】必要な“初期対応”はどんなもの? 全体の流れをおさらい


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

事故が起こった場合に備えて、初期対応の流れを確認しておこう [拡大する]

事故が起こった場合に備えて、初期対応の流れを確認しておこう

 いくら自分が気をつけていても、交通事故には突然巻き込まれてしまうもの。注意して運転することで避けられるケースはもちろんあるが、100%事故を防ぐ方法は存在しない。そこで今回は、いざというときに少しでもスムーズに行動できるよう、事故時に必要な初期対応について紹介する。誰しも事故に遭う可能性はあるということを頭に入れて読み進めてほしい。

 交通事故が起こったら、動けないほど負傷している場合を除き、初期対応をきちんと行うことが肝心だ。特に、動ける状態であるにもかかわらず警察への連絡を怠ると、罰せられるため注意しよう。具体的な流れは以下の通り。

(1)けが人の救護
 まずは周囲の安全とけが人の有無を確認しよう。いる場合は、可能であれば救出し、安全な場所へ避難。必要であれば救急車を呼ぶ。

(2)車を安全な場所へ移動
 ほかの車の通行の妨げにならないよう、また二次的な事故を防ぐためにも、移動できる状態であれば車を路肩など安全な場所に動かして道路の安全を確保する。

(3)警察へ連絡
 たとえ軽微な事故でも、警察への届け出は義務づけられている。最寄りの交番に行くか110番へ通報しよう。自分で連絡できない場合は、周囲の人に依頼する。

(4)相手の身元を確認
 相手のいる事故の場合は、相手の身元を確認する。項目は、氏名、住所、電話番号、車のナンバー、保険会社名。自分自身の情報も相手に伝える。

(5)目撃者の確保
 当事者同士の意見が食い違った場合、目撃者の証言が重要になる。近くにいた場合は、警察に紹介するか連絡先を控えておこう。

(6)保険会社へ連絡
 自分が加入している保険会社の事故受付に連絡を入れることも忘れてはならない。車が自走できないほどの事故なら、(2)のタイミングで連絡し、レッカー車の手配などを行う。

 落ち着いたら、自身にけががなくても病院へ行き、診察を受けよう。むち打ちなど後日症状が出るケースもあるため、事故が起きたその日のうちに医者にかかるのがいいだろう。

■初期対応の注意点

 初期対応を行うなかで、「その場で示談交渉をしないこと」はおさえておきたい。当事者同士で示談交渉をすると、後々その場で話した内容が有効だとみなされ、保険会社による示談交渉が難航する可能性があるからだ。

 事故は突然起こる。ぜひ今回の流れを頭に入れて、備えを万全にしておこう。

文/ロックスター 西田

>>事故時に頼れる保険はどれ? 【自動車保険】満足度ランキング

>>【交通事故】加害者が保険に未加入! 補償はきちんと受けられる?

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。