交通事故における過失割合と過失相殺

 交通事故が起きたとき、最も問題になるのが過失割合です。過失割合とは、お互いの過失(=不注意)の割合のことで「どちらにどの程度責任があるか」を示すもの。損害賠償額が変わる可能性があるため、当事者双方に言い分はあると思いますが、過去の判例などをもとに専門家によって決められます。事故内容と過失割合の例および過失相殺について見ていきましょう。

加害自動車と被害自動車が完全に分けられる⇒過失割合100:0

  • 【イラスト】交通事故

 加害自動車と被害自動車が完全に分けられる場合、過失割合は100:0。「被害事故」や「ヒャクゼロ」と呼ばれることもあります。例えば駐車場で、駐車中の自動車に自分の自動車をぶつけてしまったとしましょう。どう考えても駐車中の自動車に非はないため、自分の過失が100で、相手の過失が0となりますね。

 それとは逆に、信号待ちをしていた際に後ろから前方不注意の自動車に追突された場合などは、自分の過失は0で相手の過失は100となります。

双方に同じだけ責任がある⇒過失割合50:50

 例えば信号のない交差点で出会い頭に衝突する事故などは、過失割合50:50と判定されることがあります。これは「どちらにも同じだけ責任がある」ということ。自分の自動車の修理費、相手の自動車の修理費ともに半分ずつ負担することになり、支払い額も同額となります。

損害賠償額から被害自動車の過失分を減額する「過失相殺」

  • 【イラスト】交通事故

 被害を受けた自動車に不注意などの過失がある場合、加害自動車だけに一方的に損害賠償責任を負わせるのは公平ではありません。このようなときに、被害自動車の過失の分だけ加害自動車の損害賠償額を減額することを「過失相殺」といいます。

 例えば、交差点を直進しようとして、対向右折車と衝突した場合。優先されるのは直進車であるため、責任があるのは基本的には右折車です。ただし、直進する際に対向右折車の存在を予測し、細心の注意を払っていれば、事故を回避できた可能性も否定できません。

 そこで、80:20(右折車:直進車)という過失割合が認定されたとします。直進車の修理費用が20万円とすると、右折車が支払うのは8割の16万円で、残りの4万円は直進車が負担することになりますね。つまり4万円は直進車の過失分で、右折車が支払うべき損害賠償額から減額されているということ。これが過失相殺です。

 ちなみに、交通事故において、歩行者は圧倒的弱者。そのため、歩行者と自動車の事故の場合は、自動車側の過失が多く認定される傾向にあります。
※例として挙げた過失割合は、あくまで典型例についてです。
実際は、それぞれの具体的な条件によって過失割合は異なります。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。