自動車保険の保険料に影響する「等級」制度とは?

  • 【画像】等級

 初めて自動車保険に関心を持ち、情報を集めるようになると「等級」という言葉を目にするようになります。等級は自動車保険の保険料に大きな影響を及ぼしますが、慣れない人にはわかりにくい制度です。そこで、等級という制度は何なのか、自動車保険に加入するまえに知っておきたいポイントをご紹介します。

等級別料率制度の概要

 自動車保険でいう等級とは「等級別料率制度」のことで、「ノンフリート等級制度」と呼ばれることもあります。これは、自動車保険の契約車両1台ごとの事故の発生状況に応じて、1等級から20等級(全労済を除く)までの格付けをし、等級によって保険料が割増し・割引きがされる制度です。

 初めて自動車保険に加入した場合、6等級からスタートします。6等級でも基本保険料から一定の割引きがありますが、事故も無く保険を適用しない(使わない)期間が長くなるにつれて等級はアップし、割引率が高くなっていきます。逆に事故を起こすと等級はダウンし、一定の等級(通常は3等級)以下では、保険料は基本の保険料よりも割引率が引き下げられるか、等級によっては割増しされます。

 なお、等級別割増引率表には等級の横に(F)、(S)などの記号が併記されることがあります。Fは前年契約ありの場合、Sは前年契約なし(初めて自動車保険に加入した場合など)を意味します。保険会社によって併記する記号は変わるようです。

 ちなみに、ノンフリート等級別料率制度は、自動車保険のノンフリート契約(車1台単位の契約)に適用される等級制度のことです。したがって、厳密には「等級別料率制度=ノンフリート等級制度」ではありません。しかし、契約者が所有・使用している車が10台未満の場合にはノンフリート契約が適用されます。つまり、個人向けの一般的な自動車保険は、ほとんどノンフリート契約になるのです。

 このため、一般個人向けの自動車保険に関する解説では「ノンフリート」を省略し、単に「等級別料率制度」または「等級制度」などと呼ばれることが多いのです。本記事中でも以降「等級」という場合、ノンフリート等級別料率制度を指します。

等級がアップ・ダウンするしくみ

 等級がアップするしくみは非常にシンプルです。保険開始日から1年間、自動車保険を使わなければ、次年度に等級が1段階アップします。一度に2段階以上アップすることはありません。また、仮に事故を起こしても自動車保険を使わなければ等級には影響しません。例えば、軽微な自損事故であれば、修理費を自己負担して保険を使わず等級を上げたほうが、長期的に見て経済的な損失が少ない場合もあります。

 等級がダウンするしくみはやや複雑です。事故で保険を使った場合、自分の過失の割合や支払われた保険料の額に関わらず、3等級ダウンします。これを「3等級ダウン事故」といいます。契約車両の盗難、第三者のいたずらなどによって車両保険金が支払われたような事故は「1等級ダウン事故」とされ、翌年度の等級ダウンは1つで済みます。

 人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険だけを請求した事故や弁護士費用等補償特約、ファミリーバイク特約だけを使った事故などの場合は、等級に関係しない「ノーカウント事故」扱いとなります。

無事故等級と事故有等級

 2012年10月にノンフリート等級制度の改定が行われ、1〜20等級のほか「無事故等級」と「事故有等級」の区分が行われるようになりました。これは、3等級ダウン事故を起こした場合、1件につき3年間、1等級ダウン事故の場合は1年間、事故有等級という割引率の低い等級が適用される制度です。

 例えば、無事故の20等級では保険料割引率は63%となり、17等級では53%となります。普通に考えると「20等級で事故を起こしたら3等級ダウンで17等級となり、63%から53%に割引率が10%減ると考えます。しかし、実際には20等級で3等級ダウン事故を起こすと、翌年度は「事故有17等級(38%)」が適用されます。同じ17等級でも無事故と事故有では割引率が15%も異なるのです。

 基本保険料が年間10万円の自動車保険に加入している場合を例にとると、割引される保険料は以下のようになり、支払額は年間で2万5000円もの差が生じます。

ノンフリート等級別料率

ノンフリート等級別料率

【無事故20等級のとき】10万円×0.63=63000円
【事故有17等級のとき】10万円×0.38=38000円

 また、事故有等級は3年間適用されますから、翌年以降に等級がアップしても無事故と事故有の大きな等級差を3年間負担し続けなくてはなりません。この3年間を「事故有係数適用期間」といいます。

 なお、事故有係数適用期間は事故単位で加算されますから、1年間に3等級ダウン事故と1等級ダウン事故を起こしてしまった場合は、4等級ダウンの上、事故有係数期間は4年間継続することになってしまいます。

等級の引き継ぎについて

等級は、自動車保険料に影響します。そして、等級をアップさせるためには、無事故(保険を使わない)期間が必要です。このため「補償内容を変更する、あるいは保険会社を変更する」というような場合、毎回6等級から再スタートしては、ユーザーが大きな不利益を被ります。

 このため、自動車保険では「等級の引き継ぎ」が一般的です。保険会社間で等級を引き継ぐ場合、各保険会社と一部の共済組合とのあいだで、まえの保険契約に関する情報を交換するネットワーク(自動車保険の等級情報交換制度)があり、異なる保険会社間でも等級が引き継がれるのです。そのため、ユーザーは安心して保険の切り替えを検討できます。逆に、事故で等級が大きくダウンした場合も、ほかの保険会社で6等級からやり直すことはできないようになっています。

 なお、保険会社を変更しても等級を引き継げますが、等級アップのタイミングには注意を払う必要があります。等級は1年間無事故なら1つ上がりますが、上がるのは満期日です。契約期間の途中で保険会社を変更してしまうと等級アップは行われません。このため、保険会社を切り替える際は満期日で行ったほうが有利になります。なお、切り替える保険会社によっては、「保険期間通算特則」という制度で前保険契約期間と合算して無事故期間として取り扱ってくれる場合もあります。そのような制度がないか、変更前に確認してみるといいでしょう。

 また、等級の引き継ぎは、保険会社間だけでなく契約車両の入れ替えや、家族間でも引き継ぐことができます。自動車保険料を安くするためには、こうした等級のルールや仕組みを把握しておいたほうが有利でしょう。

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。