保険の使用を迷ったらチェック!等級が下がる事故と下がらない事故

  • 自動車の画像

 自動車保険の保険料額を決める大きな基準となる等級。無事故であれば翌年は1つ上がり、保険プランが同一であれば保険料は下がります。ただ、事故を起こして保険の支払いを受けると、事故内容によっては翌年に3等級もしくは1等級下がり、保険プランが変わらなくても保険料はアップ。ところが、なかには保険の支払いを受けたとしても、翌年の等級は変わらないどころか、無事故の場合と同様、1等級上がる事故もあります。
 では、どのような事故を起こし、どのような保険を使うと等級が下がるのでしょうか? また、保険を使っても等級が下がらない事故とは、どのようなものなのでしょうか。いくつか例を挙げながら、線引きを考えてみましょう。

3等級もしくは1等級ダウン! 等級が下がる事故×保険の例

 
 3等級ダウンに該当する事故は「契約者に過失がある」場合。例えば下記のような事故です。

事故例1
契約車両で運転中に、人をひいてケガを負わせてしまい、保険金が支払われた
支払われた保険の種類:対人賠償保険

事故例2
契約車両で運転中に、他人の家の壁にぶつかって壊してしまい、保険金が支払われた
支払われた保険の種類:対物賠償保険

事故例3
契約車両を自宅で車庫入れした際、壁にぶつかり、修理のために保険金の支払いを受けた
支払われた保険の種類:車両保険

 上記のほか、無保険車傷害保険や自損事故保険などで支払われた場合も、3等級ダウンとなります。ただ、無保険車傷害保険の支払いを受けられるのは、搭乗者が死亡したり、後遺障害を被った場合のみ。等級の上下や、保険料に関する損得を考えている場合ではありません。

 自損事故保険は、対人賠償保険に加入すると自動付帯されるのが一般的。ところが、その補償内容をカバーする人身傷害補償保険に契約するドライバーが多いため、出番がないというのが実情です。

翌年1等級下がる事故×保険(1等級ダウン事故)

 1等級ダウンに該当する事故は、下の(ア)と(イ)をいずれも満たす場合。
(ア)下記のいずれかの事故であること
・車両保険のみ
・車両保険および無保険車傷害保険のみ
・車両保険および搭乗者傷害保険のみ
・車両保険、無保険車傷害保険および搭乗者傷害保険のみ
(イ)事故発生の原因が下記のいずれかに該当する事故であること
・火災または爆発
・盗難
・騒じょうまたは労働争議に伴う暴力行為または破壊行為
・台風、竜巻、洪水、高潮
・落書または窓ガラス破損
・いたずら
・飛来中または落下中の他物との衝突

例えば下記のような事故です。

事故例1
契約車両を盗まれ、保険金の支払いを受けた
支払われた保険の種類:車両保険

事故例2
いたずらにより契約車両の窓ガラスを破損させられ、保険金の支払いを受けた
支払われた保険の種類:車両保険

事故例3
台風により物が飛んできてぶつかったため、契約車両のボディに傷がつき、保険金の支払いを受けた
支払われた保険の種類:車両保険
>>加入中の保険、見直してみては?【自動車保険ランキング】

扱いは”ノーカウント” 等級が下がらない事故×保険の例

翌年1等級上がる事故×保険(ノーカウント事故)[BR">
 ノーカウント事故に該当するのは「契約者の危険度を直接的に示すものではない」場合。例えば下記のような事故です。

事故例1
契約車両を運転中、急ブレーキをかける必要があり、顔をハンドルにぶつけてケガをし、保険金の支払いを受けた
支払われた保険の種類:搭乗者傷害保険

事故例2
契約車両を運転中、他車に追突されケガを負ったが、相手は無保険車で相手の保険から補償を受けることができず、自分の保険金の支払いを受けた
支払われた保険の種類:人身傷害補償保険。そのほか車両保険などの支払いは受けていない

等級がダウンする事故の共通点は「対人賠償保険」「対物賠償保険」「車両保険」の使用

等級がダウンする事故の共通点とは?

 事例を見てわかる通り、3等級ダウン事故や1等級ダウン事故で使用しているのは「対人賠償保険」「対物賠償保険」「車両保険」の3つ。等級が下がり、翌年の保険料が上がる可能性が生じるのは、これらの保険を使ったときとなります。

 保険を使うのと自費で賄うのと、どちらがトクか? これらの保険を使う際には、保険会社とよく話をして、両者の金額の違いなども考えたほうが良いでしょう。ただ、自分の車両を補償する「車両保険」ならいざ知らず、「対人賠償保険」「対物賠償保険」の場合は相手があることですから、相手への補償を考えることが最優先です。


※掲載している例は、あくまで一例です。保険会社によって、補償内容等は異なります。
詳しくはご加入、もしくはご加入をご検討中の保険会社にお問い合わせください。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。