ディーラー型?ダイレクト型?結局どっちがいいの?

  • 【画像】個人賠償責任特約

 保険料は高いものの、何となく安心なので選んでしまいがちなディーラー型自動車保険。悪い選択ではありませんが、他の選択肢を検討せずに契約すると後悔することがあるようです。

 自動車保険は、ディーラー型とダイレクト型に大別され、どちらも同じ自動車保険ですが販売方法など特徴が異なります。自動車保険に加入する方は、それぞれの特徴を理解して自分に合った自動車保険に加入することが重要です。

 ディーラー型とダイレクト型の自動車保険にはどのような違いがあるのでしょうか。また、どちらを選択すればよいのでしょうか。自動車保険選びにお悩みの方に向けて、ディーラー型とダイレクト型の違いを解説します。あわせて、知っておきたい自動車保険の手続きなどについても解説いたします。

ディーラー型自動車保険とダイレクト型自動車保険の違い

 ディーラー型とダイレクト型の自動車保険には次の違いがあります。

 ディーラー型は、店舗などで担当者と対面して加入する自動車保険です。ディーラー(代理店)を通じて募集を行う形態です。代理店は、損害保険会社と損害保険代理店委託契約を交わしています。そのため、損害保険会社に代わって、自動車保険を募集することができます。さまざまな業者が自動車保険の取次を行っています。例えば、自動車販売店・自動車整備工場、保険の販売専門店、住宅販売会社などです。ディーラー型の約半数が自動車販売店・自動車整備工場です。

 メリットは、下記のことが挙げられます。
 ・相談が対面ですることができる
 ・担当者から保険やそれ以外の車などについてもアドバイスを受けられる
 ・何かと面倒な手続きを代行してくれるので手間がかからない


 デメリットは、ダイレクト型と比較すると保険料が割高になることがあります。

 ダイレクト型は、インターネットや電話などを使って、保険会社がダイレクトに募集をする形態です。通販型と呼ばれることもあります。

 最大のメリットは、
 ・ディーラー型に比べて保険料が割安ということ
 ・インターネットを通じて見積もりなどいつでも行うことができる

 
 デメリットは、アドバイスやサポートを受けにくいことです。ダイレクト型では、自動車保険の選択から契約まで、基本的に自分で行わなくてはなりません。

ダイレクト型自動車保険よりディーラー型自動車保険が高い理由

 ディーラー型とダイレクト型を比べて、保険料の違いが気になった方が多いはずです。保険料が違う理由は、保険料の仕組みを理解するとよくわかります。

 自動車保険の保険料は、保険金の支払いに充てられる純保険料と保険金の支払い以外に充てられる付加保険料から構成されます。ダイレクト型に比べ、ディーラー型は付加保険料が多くかかります。店舗の家賃やスタッフの人件費、ディーラーに支払う手数料(代理店手数料)などが必要だからです。これらが保険料に反映されるため、ディーラー型はダイレクト型に比べ割高になります。

 保険料が高いと、ディーラー型の方が充実した補償を受けられると考える方もいるかと思いがちですが、保険金の支払いに充てられる純保険料は同じなので、ディーラー型でもダイレクト型でも補償内容は基本的に同じです。どちらの自動車保険に加入しても、契約に基づく補償が行われ、保険会社のスタッフが示談交渉などにあたってくれます。
保険料でチェック! 自動車保険顧客満足度ランキング>>

ディーラー型自動車保険に向いている人、向いていない人

 ディーラー型自動車保険には向き不向きがあります。どのような人が向いていて、どのような人が向いていないのでしょうか。

 ディーラー型自動車保険の魅力は、自動車保険の案内や見積もりなどを行ってくれることです。そのため、自動車保険の知識があまりなく自分で商品の比較・検討をしない方や補償内容については保険会社に任せたい方などに向いています。これらの方であればディーラー型自動車保険のメリットを活かせるはずです。

 自動車保険の知識がある程度あり、自分で商品を比較・検討したい方、補償内容を自分で決めたい方などは、ダイレクト型自動車保険も検討するとよいかもしれません。なお、不明な点があればコールセンターに相談することができます。

これだけは知っておきたい自動車保険の手続き

 これから自動車保険に加入する方は、基本的な自動車保険の手続きを覚えておくと良いでしょう。知っておきたい自動車保険の手続きを紹介します。

・新しい自動車保険に乗り換えたい
 契約満了日を待たず新しい自動車保険に乗り換える場合は、保険会社の窓口などに連絡して解約手続きを行います。契約満了日をもって乗り換える場合は、自動的に契約が終わるので手続き不要ですが、自動継続特約などの付帯により契約内容によっては解約手続きが必要になるケースもあります。
 注意すべきポイントは、重複契約を防ぐため乗り換えであることを伝えることです。乗り換えには、現在加入中の自動車保険の保険証券と車検証・運転免許証が必要です。

・自動車保険の解約手続き 
 保険会社などに解約の意思を伝えると解約申込書が送られてきます。必要事項を記入し保険証券などを同封して返送すれば解約できます。

・新しい車に買い替えた 
 保険会社などに連絡して契約車両の入替手続きを行います。保険会社が承認した場合は、契約内容を引継ぐことができます。自動車保険は契約車両に生じた損害を補償する保険です。この手続きを忘れると、自動車保険に加入していても補償を受けられないこともあります。

・事故に遭ったときの連絡方法
 事故に遭ったときは、けが人の確認・救護を最優先に行います。続いて、車を路肩に寄せるなどして二次災害を防ぎます。その後で、警察に連絡するとともに目撃者を確保して、事故状況を整理・記録してから保険会社の窓口に連絡します。

 自動車保険は、募集人と店舗などで対面で契約するディーラー型とインターネットや電話などを使って保険会社と直接契約を結ぶダイレクト型に分かれます。ディーラー型の特徴は、アドバイスなどを受けられることと保険料が割高なことです。ダイレクト型の特徴は、保険料が割安なことと時間に縛られずにいつでも見積もりを検討することができる点です。

 ディーラー型の保険料が高い理由は、店舗の家賃や担当者の人件費など付加保険料が高いからですが、純保険料はいずれも同じなので、ディーラー型でもダイレクト型でも受けられる補償は基本的に同じということになります。

 少し保険料が高くてもサポートを受けたい方にはディーラー型自動車保険がおすすめです。保険料は安くしたいという方にはダイレクト型自動車保険がおすすめです。それぞれ特徴が異なるので、どちらが優れているとはいえません。自分に合った自動車保険を選ぶことが大切です。

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。