Q.統計上で多い交通事故の原因は?

【A】
 交通事故の原因として最も多いのは、2013年の統計によると「安全不確認」。次いで「わき見運転」、「動静不注視(他車などには気付いていたが、危険性を感じずにその動きを注視しなかったこと)」となっており、これらのような安全運転義務違反が全体の4分の3を占めている。

 ちなみに、事故原因として多いイメージのある「最高速度違反」は意外に少なく、2013年の件数は1200件で全体の0.2%。年々減少を続けており、2003年から一度も増加をみせていない。
※参照:『交通事故の発生状況』(警察庁交通局)

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。