トラックとの物損事故|利用者が語る自動車保険の賢い選び方

利用者が語る自動車保険の賢い選び方

車線を変更してきたトラックとの物損事故(40代/男性)

自動車保険選びで重視したいのは保険料の安さ

事故概要
■時期:2010年6月
■場所:神奈川県横浜市内
■車種:普通乗用車
■利用した自動車保険:3社目

事故内容
 通勤途中に片側2車線の右車線を走行中、左車線側に路上駐車をしていた4トントラックが動き出し、右車線に出てきたところを避けきれず衝突。双方ケガはなかったが、自分の車のボディは鉄板がめくれ、損害額は50〜60万円程度。相手の車はガイドバーが損傷し、過失割合は40:60に。加入していたエコノミータイプの車両保険が適用され、保険でまかなうことができた。

解決までのステップ

1:事故発生日
 保険会社のフリーダイヤルに連絡。
状況を説明。「保険会社からは1回だけ電話があり、事情説明を受けました」

2:3ヶ月後 解決
 和解。
過失割合が40:60に確定。

事務的に処理が進み、連絡も少なかったが、不満はなし

  • 事務的に処理が進み、連絡も少なかったが、不満はなし

 もともと金額重視で選び、事故の際の対応やサービスにはあまり期待していなかった自動車保険会社でしたが、まったく問題ありませんでした。すべて保険会社に任せ、双方の保険会社同士の話し合いで事務的に処理が進んだため、自分はほぼ何もしていません。保険会社からの連絡は多くはありませんでしたが、それも特に不満ではないです。

JAFに加入しているため、自動車保険は保険料重視で選びたい

  • JAFに加入しているため、自動車保険は保険料重視で選びたい

 これまで2度ほど事故を起こしましたが、特に自動車保険会社の対応に不満を感じることはなかったので、自分はやはり金額重視で選びたいです。JAFの会員になっていることも大きいかな。ロードサービスを要請することも多いですが、それに関してはJAFにお世話になっているので、自動車保険のほうはロードサービスは気にせず選べます。ある程度金額に納得できて、実際に事故に遭った際の対応にも満足しているので、現状を維持できればいいかな。

トラックとの物損事故に遭ったユーザーが語る自動車保険の賢い選び方|自動車保険の見直し&乗り換えポイント【トクする!自動車保険】

 自動車保険を実際に使ったことのあるユーザーが、賢い選び方を伝授。このページでは、車線を変更してきたトラックと衝突し、物損事故に遭った40代の男性が、自動車保険会社選びで重視したいことについて語っています。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。