【交通事故・慰謝料の計算方法】2.任意自動車保険の場合

  • 【画像】交通事故

 自賠責保険において、治療費や慰謝料などの損害賠償額が120万円を超えた場合、任意自動車保険に加入していれば任意保険から慰謝料が支払われます。では、任意保険会社は、慰謝料の支払いに関してどのような計算方法をとっているのでしょうか? 実際に保険会社の対応を受けたドライバーの声も紹介します。

任意保険における「慰謝料」計算方法と注意点

 自賠責保険の補償額の基準は公にされているので、誰でもある程度、慰謝料額を算出することができます。ところが任意保険では、かつては各社共通の統一支払基準がありましたが、1998年の「自動車保険の自由化」によって廃止されてしまったため、現在は各社によって基準が異なり、計算方法も公表されていません。損害賠償の総額や慰謝料の程度をあらかじめ知ることはできないのです。

 ただし、オリコンMEの調べによると、任意保険の慰謝料の1日あたりの単価は、入院や通院の期間が3ヶ月を過ぎると徐々に減っていくようです。理由は、入院・通院をするごとにケガは回復していき、苦痛も和らいでいくと考えられるから。一方、自賠責保険では、日数がどれだけ増えても単価は変わりません。そのため、自賠責保険の基準で慰謝料額を計算した場合より、任意保険で支払われる金額のほうが少なくなることがあります。

 また、任意保険では、被害側に過失が少しでもあれば、その分、慰謝料は減額されます。そのため、たとえば自賠責保険の基準で補償額が120万円を超え、任意保険から支払われることになったにもかかわらず、受け取る金額が0円ということもあり得るので注意しましょう。
任意保険の慰謝料POINT
・補償額が自賠責保険の限度額120万円を超えた場合に発生
・計算方法は各社によって異なる
・入院・通院の期間が3ヶ月を超えると、慰謝料の単価は減少する
・被害側に過失があればその分の慰謝料は減額される

自動車保険会社選びで重視したいのは「慰謝料を含む事故後の対応」

 保険選びの重要項目として、見落としてはいけないのが「慰謝料を含む事故後の対応」。実際に自動車保険を利用したドライバー1万8609人を対象に実施した、『2013年度 顧客満足度の高い自動車保険ランキング』(オリコンME調べ)の調査結果によると、慰謝料を含む事故後の対応は、保険会社への信頼感に影響を与えるという結果がでています。

 実際に事故を起こして対応を受けたドライバーからは「車両・対物・治療費・休業補償・後遺症障害・慰謝料すべてにおいて完璧に対応してもらいました。とても満足しています」(40代/男性)」、「自過失ゼロでしたが、事故後の連絡で10分以内に来てくれて心強かったです。相手との処理がすべて終了後、慰謝料の不足分補填や搭乗者保険などの説明と手続きをしてくれました」(60代以上/男性)という声。両者ともに「他人にも薦めたい保険会社」と回答しています。

 保険会社選びの際は、こういった要素にも注目すると良さそうですね。

ベスト10と口コミをチェック!
>>事故処理時の担当者の対応ランキング
>>自動車保険会社の評判・信頼度ランキング

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。