本当に無駄がなくて安くて合理的なの?「走った分だけ」の自動車保険が人気!

  • 【画像】自動車

 「走った分だけ」のタイプの自動車保険の人気が高くなっています。従来の自動車保険は自動車の型式や使用目的などで保険料を決定していましたが、ここに走行距離が加わった自動車保険が「走った分だけ」とうたわれるタイプです。「走った分だけ」保険料を支払えばよいので、自動車保険に安く加入できそうですが、よく耳にする割には詳細についてご存じの方は少ないのではないでしょうか。自動車保険は事故に遭った時に頼れる存在ですが、何もなければ支払った保険料は返ってきません。補償内容は下げたくないが、出来るだけ保険料を安くしたいという方は多いはず。今回は自動車保険の走行距離割引について、どのような仕組みになっているのか解説していきます。

自動車保険でよく聞く走行距離割引って何?

 走行距離割引は、一年間の走行距離に応じた走行距離区分から保険料を算出する保険です。自動車は年間走行距離が長いほど、事故に遭う可能性が高くなると言えます。年間走行距離が短い場合は、事故のリスクは低くなり、保険料を割り引きにすることができます。しかし走行距離割引を利用しない保険では年間走行距離の少ない人は無駄な保険料を支払っていたと言えます。そこで運転する使用状況に合わせ、保険料を算出する制度が自動車保険の走行距離割引です。実走行距離連動型自動車保険とも呼ばれています。

 自動車保険の保険料は、事故の有無などが影響する等級、年齢や運転免許証の色、型式や使用目的・距離、割引制度によって決まります。しかし、いわゆる走行距離割引は、年齢を偽って契約してはいけないのと同様、走行距離を正しく申告する必要があります。

 走行距離は保険料が決まる要素の一つですが、走行距離の割引を利用したとしても、補償の内容はなんら変わりません。補償内容は、対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、車両保険などの主契約や弁護士費用特約、個人賠償責任特約などの特約があります。申込手順も同様で、走行距離に関する項目が増えるだけです。一般的には、見積もりを出してもらい、契約内容に納得できてから契約となります。具体的な申告方法につきまして確認していきましょう。

走った分だけ申告すればよいの?どのように申告するの?

 年間走行距離が短い人にとっては魅力的な走行距離割引ですが、「走った分だけ」とは、どのように申告すればよいのでしょうか。申告方法や距離の測り方について解説します。まず走行距離ですが、走行距離は決められた走行距離区分から選びます。走行距離区分は保険会社によって異なり、例えば、家庭用の日常・レジャーで調べますと、以下のような違いがあります。

・A社(予測型)

7 区分 
3,000km以下、5,000km以下、7,000km以下、9,000km以下、11,000km以下、16,000km以下、無制限

・B社(実績型)

4 区分 
3,000km以下、3000q超5,000km以下、5000q超10,000km以下、10,000km超

・C社・D社・E社(実績型)

4 区分 
5,000km以下、5000q超10,000km以下、10000q超15,000km以下、15,000km超、はじめて契約する「新規契約区分」

・F社(実績型)

5 区分 
3,000km以下、3,000km 超5,000km以下、5000q超10,000km以下、10000q超15,000km以下、15,000km超

・G社(実績型)

5 区分 
4,000km未満、4,000km 以上8,000km未満、8,000km 以上12,000km未満、12,000km 16,000km未満、16,000km以上 、新たに自動車保険を契約する場合は、4,000km以上8,000km未満の区分

(2017年4月現在)
 走行距離の測定方法は、走る分だけ(予測型)と走った分だけ(実績型)に分けられます。予測型は契約日以降の1年間の走行距離を予測して申告するタイプです。一方、実績型は過去1年間の走行距離をもとに区分されるタイプとなります。自分の走行距離がどの区分に該当するかによって保険料が決定されます。なお、業務用や法人利用の場合、走行距離割引適用されないことがありますので注意しましょう。

 実際の走行距離は、自動車に搭載されている積算走行距離計(オドメーター)の値を使用します。申込時にこの値を申告し、次回更新手続きの時に、過去1年間の走行距離を確認します。実績型で自動車保険の契約自体が初めての場合、あらかじめ決められた区分での契約となります。また他社からの乗り換えの場合は、新しく契約する保険会社の区分に沿って選択します。

申告時より実際の走行距離が増えたときは?減ったときは?

 年間走行距離には予測型と実績型がありますが、予測型の場合、申告時の走行距離と実際の走行距離で異なることがあります。申告時と走行距離が異なった場合、どうすればよいのでしょうか。A社のサービスで確認してみます。

 走行距離が申告時よりも長かったため区分が変わった場合は、契約が1年目の場合保険会社にその旨を連絡する必要があります。区分によって保険料が異なり、走行距離が長くなると保険料が上がりますので、既に支払っている保険料との差額分を支払う必要があります。2年目以降は、条件を満たせば連絡しなくても自動的に処理してもらえます。一方、申告よりも走行距離が短かった場合、翌年にくりこせるサービスがあり、その差額保険料に相当する額が、翌年の継続契約時の保険料から割引かれます。

 なお、実績型の場合は過去の走行距離で判断しますので、実際の走行距離と異なっていても問題ありません。継続契約の時に反映されます。 

 今回は走行距離割引の仕組みについて解説しました。自動車保険の年間走行距離には予測型と実績型があります。予測型の場合、申告時の走行距離と実際の走行距離で異なることがあり、その時は保険会社にその旨を連絡する必要があります。実績型の場合は過去の走行距離で判断しますので、実際の走行距離と異なっていても問題ありません。

 仮に年間走行距離が4,000kmだった場合、C社、D社、E社では最も走行距離が短い区分に該当しますが、他は2番目に短い区分です。各社の設定する区分によって保険料が変わってきます。実際にどの保険会社なら一番保険料が少なくて済むのか、いくつか調べることが大切です。

 ランキングなどネットなどでどのような保険会社があるのか情報を集め、実際に見積もりを請求してみましょう。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。