【用語】 ロードサービス

 自動車が故障するなどのアクシデントがあった際に、レッカー移動や応急処置などを行うサービスのことをロードサービスという。多くの自動車保険会社では、自動車保険契約者に無料でロードサービスを提供している。

 ロードサービスの例としては、走行中の事故などで契約者の車が動かなくなった場合、レッカー車で修理工場まで牽引。落輪時の引き上げにも対応する。また、多くの自動車保険会社では携帯電話の位置情報サービスと連携しており、トラブルがあった現場をスムーズに確認できるようになっているため、駐車中などにバッテリー上がりやキー閉じ込み、ガス欠、パンクがあった場合にも、ロードサービスの専門スタッフが現場を訪れて応急処置をしてくれる。故障車の応急処置であれば、オイル漏れやバルブ交換、ボルト増し締め、サイドブレーキの固着など、幅広いトラブルにもロードサービスが適応される自動車保険もある。

 また、自動車保険の契約者に対する補償の内容にも注目だ。故障などで自動車が自立走行不可能になったとき、帰宅するための交通費や宿泊料金、レンタカー費用などをサポートしているロードサービスもある。ペットホテル代まで対応してくれることもあるが、無料でレッカー移動をしてくれる距離やサポートの内容については、自動車保険会社によって異なるため、自動車保険契約時にはロードサービスの内容も確認しておこう。


<代表的なロードサービス>

レッカーサービス

事故や故障などで車が自力走行不能となった場合、現場にレッカー車が出動し、修理工場まで牽引・搬送。無料で牽引する距離は、自動車保険会社によって異なる。

レンタカーサービス

事故や故障などのトラブルがあり、現場で緊急に代車が必要となった場合、レンタカーの基本料金が支払われる。

緊急トラブル対応サービス

故障や車自体のトラブルで走行できなくなった際、現場で対応可能な作業および応急処置を行う。作業時間制限やガソリン無料範囲などの詳細は、自動車保険会社によって異なる。
<例>
・キー閉じ込み(鍵開け)
・バッテリー上がり(ジャンピング)
・ガス欠(給油)
・落輪引き上げ(クレーン作業)
・パンク(スペアタイヤとの交換)

帰宅費用サービス

レッカーサービスを使った場合などに、事故やトラブルの現場から帰宅する際の交通費を支払う。代替交通手段は電車やバスといった公共交通機関を利用した合理的な手段に限り、自宅から現場までの距離に制限がある場合もある。

宿泊費用サービス

当日の帰宅が困難で、公共交通機関による帰宅も不可能というやむを得ない場合に限り、現地での宿泊費用を支払う。原則として最寄りのビジネスホテルクラスの宿泊の実費となり、遠方での事故に限るなど制限がある場合もある。

GPS位置情報通知サービス

ロードサービスを利用する際、知らない土地で自車の場所をうまく伝えられないといった場合に、携帯電話のGPS機能を使って現在地を素早く確実に知らせることができるサービス。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。