「自動車保険料」をおさえられる!? 契約内容を見直すべき“3つのタイミング”


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

保険料を安くできる!? 自動車保険を見直すべき“3つのタイミング”を紹介 [拡大する]

保険料を安くできる!? 自動車保険を見直すべき“3つのタイミング”を紹介

 車を所有する多くの人が任意自動車保険に加入しているはず。その見直しはこまめに行っているだろうか? 任意保険は、ライフスタイルや年齢などによって保険料が決まるので、変化があった場合は今までより安くできる可能性があるのだ。そこで今回は、主な見直しのタイミングについて紹介していこう。

■運転者が変わった時
 自動車保険は、補償する運転者の範囲を「本人限定」「夫婦限定」「家族限定」「限定なし」といった形にわけ、運転する人が多いほど保険料が割高になる仕組み。そのため、“現在は子どもも運転するが、今後は夫婦しか運転しなくなる”などの場合は、「家族限定」から「夫婦限定」に変更することで保険料をおさえられる。

■運転者の年齢が変わった時
 年齢についても、「全年齢補償」「21歳以上補償」「26歳以上補償」「30歳以上補償」など区分があり、その区分によって保険料に差が出る。基本的には年齢が上がるほど保険料の割引率が高くなるので、“契約車を運転する最も若い人が誕生日を迎えて26歳になった”といった際は見直すべきだ。

■使用目的が変わった時
 使用目的は、主に「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務」の3種類から選択する。このうち、最も保険料が安くなるのは「日常・レジャー」だ。“通勤で車を使わなくなった”などの場合は、ぜひ見直そう。

 さらに、更新がやってきた時も一通り見直すのがオススメ。例えば車を使う頻度が低くなった場合、「走行距離割引」を実施している保険会社であれば、距離を申告することで大きな割引を受けられ、節約につなげられるかもしれない。

 また、もし自動車保険の効力発生日において免許の色がゴールドになっていたら、申告すれば「ゴールド免許割引」が適用され、保険料が安くなる。10%程度割り引かれるので、見逃す手はないだろう。

 ライフスタイルなどが変化するタイミングは、自動車保険を見直すタイミングでもある。今回紹介した内容は、ぜひ頭に入れておいてもらいたい。

文/ロックスター 西田

>>“ダイレクト型”で選ぶなら確認! 「自動車保険」満足度ランキング

>>【自動車保険】歩行中の事故もカバーする「人身傷害補償」 メリットと注意点を紹介

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。