【自動車保険】出費を抑えたいなら要確認! 保険料が安くなるポイント3つ


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

自動車保険の見直し前に確認! 出費を抑えるポイント3つとは? [拡大する]

自動車保険の見直し前に確認! 出費を抑えるポイント3つとは?

 自動車を保有すると、ガソリン代や駐車場代、メンテナンス費用といった維持費がかかる。これらを削るのは難しいので、出費を抑えたい場合は任意の自動車保険の見直しが有効だ。

 保険料を安くするポイントはいくつかあるが、今回はマネーに詳しいFPが3つピックアップして紹介する。ぜひ参考にして節約効果を実感してほしい。

(1)補償される運転者を限定する

 補償対象となる運転者を「本人」「夫婦」「家族」などに限定すると、自動車保険料は安くなる。同時に年齢も限定すると、さらに抑えられるのでおすすめだ。ただし、この場合、対象外の人が運転して事故を起こしても補償されない点には注意が必要だ。

(2)車両保険の免責金額を設定する

 車両保険の有無で自動車保険料は大幅に変わる。とはいえ、不要というわけではない。まだ車のローンが残っている場合や車を購入して数年しかたっていない場合は、加入した方が良いだろう。損害が発生した際に自己負担する金額(免責金額)を設定すると、その分保険料は安くなるので、検討してはどうだろうか。

(3)ダイレクト型に乗り換える

 現在、代理店型の自動車保険に加入しているなら、ダイレクト型に乗り換えるだけでも保険料を抑えられるはず。補償内容が同じでも、一般的にダイレクト型の方が保険料は安くなるのだ。また、ほとんどの場合「インターネット割引」があり、これで1万円程度割り引く保険会社もある。

 ダイレクト型と一口にいっても、無事故割引がある「イーデザイン損害保険」、40〜50代の保険料を割安にする「セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)」など、特徴はさまざま。複数見積もりをとって、比較検討するといいだろう。

【文/福島佳奈美】
ファイナンシャルプランナー。CFP(R)。一級FP技能士。DCアドバイザー。ふくしまライフプランニングオフィス代表(http://kakeifp.com/)。子育て中の女性のために教育費やライフプランに関する情報を積極的に発信。マネーコラム執筆、セミナー講師、個人相談などを中心に独立系FPとして活動。

【監修/SAKU】

>>【年代別にみる】ドライバーの満足度が高い“自動車保険”ランキング

>>「自動車保険料」を安くするために! 確認しておきたい“年齢条件”の仕組み

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。